2011年11月09日

Railo Open Source (smart FORCEがColdFusion以外で動作しちゃうかも?)

こんにちは!

来月の全身真っ赤な服に身を包んだダンディーな紳士がソリに乗って来訪する日に向けて、
早くもケンタのバケツを予約しようか検討中の ij です。


本日はColdFusion以外のCFMLの実行環境の一つ「Railo」についてみていきます。

Railo - Accelerate Your Web Development

RailoはColdFusion以外にもいくつかあるCFMLの実行環境の一で、
Javaをベースにしており、Webアプリケーションサーバとして動作します。

最初のバージョンのリリースは2004年。元々はオープンソースとして提供はされていませんでしたが、
2009年、バージョン3.1からオープンソース版Railoである「Railo Open Source」の提供が開始されました。

Railo Open Source

詳細についてはもうすこし項目を絞ってみていきます。

今回は以下の4項目について。

[1]CFML(ColdFusionとの)の互換性

[2]パフォーマンス

[3]日本語化

[4]smart FORCEは動作するの?

それではいってみましょう!


[1]CFML(ColdFusionとの)の互換性

Railo 3.2は、ColdFusion 9.0と、Railo 3.1.2は、ColdFusion 8.0と互換性をもつように作られています。
最新版はRailo 3.3ですが、それもColdFusion 9.0と互換性をもっていると考えて良さそうです。

また、サポートされていないタグ、関数、言語・シンタックスの違い、等もWiki上にドキュメントとしてまとめられていますので、
実際に環境を作って動作を確認する前に、ある程度、互換性を確認する事が可能です。

サポートされていないCFMLタグ

ColdFusionでは売りの一つになっているPDF系のタグがまだサポート外のようですね。

サポートされていないCFML関数

サポート外の関数は数える程しかなく、主要な関数はほぼサポートされているようです。

言語・シンタックスの違い

日付周りが違うようですね。


[2]パフォーマンス

ColdFusion以外にもCFML実行環境はいくつかあるとご紹介しましたが、
その中でRailoはパフォーマンスの高さを売りにしているとのこと。

実際にパフォーマンステストを行った結果をBlogで紹介されている方もいます。

cfmldeveloper:ColdFusion or Railo ?

上記ポストの中ほど辺りのSpeed/Performance Comparison、
Railoのバージョンは3.1(最新は3.3)。

CFC、配列、構造体のそれぞれのインスタンス化にかかった時間およびCFSETタグの呼び出しにかかった時間をColdFusion 8、9と比較しています。

結果を見るとケースによってはColdFusion 9よりも速いという結果がでています。
これには驚きました。


[3]日本語化

ColdFusionの便利な点に管理画面からデータソースの設定等々、簡単に出来る事が挙げられます。

Railoにも同様な管理画面があるのですが、日本語ではありません。

「CFML自体、敷居が高そうなのに、管理画面も英語なんですか...」という溜め息が聞こえてきそうですが、

有志の方が日本語化対応をRailo Open Sourceにコミットされており、次のメジャーバージョン、Railo 4.0では日本語のインストーラーも提供されるようです。

なんちゃってCF-OOP!:Railoの日本語化

実際に日本語がされた管理画面。
なんちゃってCF-OOP!:Railoの日本語化(その2)

最新版Railo 3.3の言語ファイルも提供されています。
なんちゃってCF-OOP!:Railo3.3の日本語化

パフォーマンスも良くて、管理画面も日本語で使えるとなると、
「こ、これでsmart FORCEが動いたら...ウハウハなのでは...」っとテンションが上がります。


[4]smart FORCEは動作するの?

テンションが上がったところで、さっそくsmart FORCEで使用しているCFMLタグ、関数、シンタックス等々、サポートされていないものがないか冒頭でご紹介したWikiでチェック...

うーん、やはりColdFusionとは違う部分が多々あるので、そのまま動くかは実際に動かして検証する必要がありそうです。


いかがでしたでしょうか。

smart FORCEもRailo Open Sourceも無料ですので、ご興味のある方はご自身でお試しいただくのも面白いかもしれません。

smart FORCE:ダウンロード

Railo:Download the fastest Open Source CFML server!

*なお現在、Railoはsmart FORCEの動作環境には含まれておりません。smart FORCEの動作環境は以下をご確認ください。

smart FORCE:動作環境

それではまた!

posted by ij at 10:41
smart FORCE | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック