2011年08月17日

Googleの買収劇

先日米グーグルが発表したモトローラの買収劇は印象的でした。
小市民の作者には、約125億円での買収劇は想像も付きません。
ですが、やはり興味があります。
なので、ちょっとググって調べてみました。

今回の買収で、グーグルは以下を狙っていると見られています。
・スマートフォン市場でのシェア拡大(iPhone/iPadのアップル陣営に対抗)
・特許を取得し、自社の携帯OS「アンドロイド」を保護する

特に2点目の“特許”についてはかなりの思い入れがあるようです。

最近グーグルは、破綻した通信機器メーカの持つ特許6000件の入札で、アップルやマイクロソフトなどの企業連合に競り負けています。
また、一部ではアップルが特許侵害でグーグルを訴える準備をしていると報道されています。
グーグルにしてみれば危機感を募る日々が続いていたのでしょう。
世界的大企業のグーグルですが、自社の保有している特許は恐ろしく少ない為、自社防衛として利用できる特許は喉から手が出るほど欲しかった筈です。

そんな折に報道された今回の買収劇ですが、グーグルにとってはモトローラの保有する特許約1万7000件の取得は125億円以上の価値があったのでしょう。
拡大成長する自社のスマートフォンOS「アンドロイド」を保護する重要な役割も果たす訳ですから。

その反面、端末メーカーの今後の動向が気になります。
サムスン電子、LG電子、宏達国際電子(HTC)などは今回の買収への支持を表明しているものの、グーグルが自社端末を持つことにより今後はハード面で競合に成り得る訳です。
グーグルらしいデザイン性に富み、「アンドロイド」を駆使した高機能、且つ低価格の端末が販売になったら…。

この分野はまだまだ、目が離せませんネ。


posted by ヤマモトヤマ at 13:01
ニュース・教育トピックス | コメント(2) | トラックバック(0)
この記事へのコメント
このような情報
普通のユーザーの私にとってはよくわからないんが
IPHONEの普及はだれでも知ってる事実です
各方面の改善は誰でも希望のことです
Posted by BlackBerry アプリケーション開発 at 2011年08月18日 15:15
確かに。
当面Google vs iPhone の構図は変わらないでしょう。

改善無くして進化無し、ってね。
Posted by ヤマモトヤマ at 2011年08月18日 17:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック