2011年08月01日

OSはAndroid、メーカーはアップルがトップ--米スマートフォン市場調査

Nielsenが米国時間7月28日に発表した報告によると、米国におけるスマートフォンOSの首位は「Android」で、市場シェアは39%だった。
2位はAppleの「iOS」(28%)で、Research In Motion(RIM)の「Blackberry」(20%)が続いている。

Nielsenによると、トップ3を追うMicrosoftは、「Windows Mobile」と「Windows Phone 7」をあわせて9%の市場シェアだという。以下、Hewlett-Packard(HP)が「Palm OS」と「webOS」をあわせて2%、Nokiaの「Symbian」が2%と続く。

http://japan.cnet.com/news/service/35005679/?tag=nl
posted by ヤマモトヤマ at 09:37
ニュース・教育トピックス | コメント(0) | トラックバック(2)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

スマートフォン市場規模 – 2011年
Excerpt: 2011年度のスマートフォン市場は前年比2.3倍と予想 スマートフォン市場の規模を表すうえで、スマートフォンの出荷台数、スマートフォンの契約数の順に説明していきたい。 スマートフォン出荷台数 スマート..
Weblog: インターネット LABO
Tracked: 2011-11-07 09:27

日本スマートフォン市場はAndroidが49%でOSシェアトップ
Excerpt: 日本のスマートフォン市場のOS別シェアは、Android OSが49%でトップ 日本のスマートフォン市場動向としては、Android OSの市場シェアが1年前の7月の11%から49%まで大幅に拡大。市..
Weblog: 市場動向からアクセス解析のデータ マーケティング
Tracked: 2011-11-17 07:44