2011年07月27日

smart FORCE モジュール拡張と設定
〜通知メールモジュールについて その2〜

前回に引き続き、今回はsmart FORCEの拡張モジュールである”通知メールモジュール”のインストールについて紹介したいと思います。

smart FORCEの拡張モジュールについてはSATTのサイトをご参照ください。
コチラ


では、実際にモジュールのインストールについて説明します。

Step1.通知メールモジュールの入手


SATTの指定手順に則してモジュールデータを入手します。
入手する内容は以下の通りです。

メールモジュール内容.gif

・readme.txt
 通知メールモジュールのインストール方法などが記されています。
・smart FORCEフォルダー
 通知メールモジュールに必要な差分データ一式が格納されています。
・mail-mod-ext-for-mssql.sql
 Microsoft SQL Server用のDB拡張ファイルです。
・mail-mod-ext-for-mysql.sql
 MySQL用のDB拡張ファイルです。
・有償モジュール使用約款_v1 02.pdf
 優勝モジュールの使用約款です。

Step2.通知メールモジュールの追加


続いては、モジュール本体のインストールを行います。
インストールといっても、差分ファイルを上書きするだけです。
smart FORCEを運用中のWebサーバ内にあるsmart FORCEのフォルダにダウンロードしたsmart FORCEフォルダーを上書きします。
あくまでも差分の適用なので、置換をせず、上書きして適用します。

Step3.データベースの拡張


通知メールモジュールを利用する際には、データベースの拡張が必要となります。
使用しているデータベースアプリにより適用されるSQLファイルが異なります。
・MySQLの場合 ・・・ 「mail-mod-ext-for-mysql.sql」
・Microsoft SQL Serverの場合 ・・・ 「mail-mod-ext-for-mssql.sql」

拡張したデータベースには以下の3つのテーブルが追加されます。
・mail_to_history
・mail_sending_history
・mail_template

SQLの適用には様々な方法がありますが、コマンドラインで行うと以下の様なイメージになります。

SQL拡張.gif

以上が”通知メールモジュール”のインストールに関する手順です。
次回は、インストールした機能をsmart FORCEにて登録を行う手順についてご紹介いたします。
posted by ヤマモトヤマ at 10:39
smart FORCE | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック