2009年03月17日

SCORM Packagerを使ってみました!!

Adobe eLearning Suiteにしか入って無いと思っていたのですが、実はAdobe Captivate4にも同梱されていました…ふらふら
で、使ってみた感想なのですが「まぁまぁ使えるのではないか」と結論付けます。

と言うのも、今までのAdobe製品では1SCOのみをパブリッシュしていて、他のSCOと組み合わせて1つのコースで配信を行う場合は独自にその組み合わせ部分に関するマニフェストを作らなければなりませんでした。

実はこのマニフェストの作成。ちょっとしたSCORMの知識が必要で、お世辞にも簡単とは言えないシロモノなのです。

しかしこのSCORM Packagerはそれら個別にパブリッシュされたSCOを読み込んで再構成することができ、なおかつSCORMに対応したマニフェストも付けて再パブリッシュしてくれます。

まだまだ検証段階ですが、一応CaptivateとPresenterを組み合わせたSCORM 1.2パブリッシュは弊社のLMSで動作確認できました。
例によってAdobe製品なので若干のコツはありましたが、「まぁまぁ使えるのではないか」と思います。

Adobe eLearning Suite 徹底解剖 無料セミナー
posted by ヤマモトヤマ at 12:02
ニュース・教育トピックス | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック