2008年11月18日

e点というeラーニング

小中高向けeラーニングのシステムとして「e点」というのがあります。

有名講師のビデオ講座をインターネットで配信するもので短めの学習テーマをわかりやすく説明していますが、見るだけでは頭に入りにくい問題に対してはセルフノートというPDFのテキストを講座と併せて利用することで繰り返し勉強できる環境を用意しています。

 ポイントとして
 ・有名講師の授業を(ビデオコンテンツ)受けられる。
 ・わからなければ重点的に何度でも学習できる。
 ・eラーニングの特徴として自宅で受けられる。

このしくみを現在、多くの学習塾などで取り入れ、これに付加サービスをもって差別化運用しているようです。

うちの子もそうですが、ビデオ教材を自主的に受ける(理解できるまで)というのはかなり大変なことだと思います。

定期的に進めるためには進捗管理を行い、メンタリングを受け持つ機能が必要で、通常それを小学校特に低学年のときには親がしっかりと見てあげる必要があると強く感じます。

子供が知識を身につけ、なおかつ継続して学習してもらうためのしくみとして「e点」というコンテンツをシステムと人がどのように関わっていくかでeラーニングを生かせるか否かが決まるでしょう。

そう考えるとやはり、システム・コンテンツ・管理者の三位一体の提供がとても重要だと思います。
posted by Dario at 16:28
連載:いまどきの小学生のインターネット学習 | コメント(0) | トラックバック(1)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

生徒がたくさん集まる学習塾経営
Excerpt: もしあなたの塾に、生徒がたくさん集まってきたら、 あなたの生活はどのように変化するでしょうか? そう考えたことがありますか?・・・ちょっと考えてみて下さい。 「お金がたくさん入ってくるな・..
Weblog: 学習塾経営成功マニュアル
Tracked: 2008-11-19 17:50