『教育とITで企業の経営を革新』
駿台グループのITラーニング専門企業 SATT (エスエイティーティー) が明日をサポートします。

2014年08月28日

いろいろ工夫すればいい動画ができそうな気になったアプリ

タイムラプス動画って知っていますか?

一定の間隔を置いて撮った静止画を組み合わせて作る動画の事。

動画のフレームレートを落とし、それを通常再生速度で再生すると、早送り動画(タイムラプス動画)になるんですよ!

それを簡単に撮影できるiOS用アプリ「Hyperlapse」が紹介されていて、ぴかぴか(新しい)超気になっったのでアップ!
Instagram、手持ち撮影でもぶれないタイムラプス動画アプリ「Hyperlapse」 】- INTERNET Watch より

こんな感じで撮れる?
手持ちのスマホでタイムラプス動画を気軽につくれるツール、Instagramが発表】- WIRED より


これなら簡単に家や会社までの道案内とか、何かの操作説明とかに使えるんじゃないかな(笑)

posted by たっくん at 10:53
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
2014年08月26日

意外に複雑・・・エラーチェック

開発部だより 第249回


夏休みリゾート取得のタイミングを完全に見失っている開発部ジッパーです。

甲子園野球で高校球児がエラーしてしまうのを見ると
『一生懸命やってるんだししかたないよあせあせ(飛び散る汗)』とあっさり許してしまいますが、
システムではどんなに一生懸命でもエラーを許してはいけません

そこで、データ入力システム等では必ず必要とされるエラーチェックですが、
どのような場合をエラーとするのか、どこまで細かくチェックするのかというのは
システム知識だけなく業務知識も必要で、全てを把握するのは簡単なことではありません。

そのため、実は入力チェックが足りておらず
本来なら有り得ないデータの入力を許してしまった!という事態が発生することも。。。

COBOLのエラーチェックで基本的なものとしては、

  ■ 未入力でないこと
    IF 項目A = SPACE OR LOW-VALUE  → エラー処理

  ■ 数字であること
    IF 項目A NOT NUMERIC         → エラー処理

  ■ 決められた文字列であること
    IF 項目A = '1' OR '2'
      THEN                 → 正常処理
      ELSE                  → エラー処理


などが挙げられるのですが、これらだけで済む場合はほとんどなく
実は入力条件に範囲指定があったり、別の項目との組合せ指定があったりなど
システム担当者ではわからない条件がたくさんあったりするので、
ユーザーとの打合せ段階でしっかりとヒアリングしておくことが大切です。
 
先日はユーザーから、
“項目Aと項目Bの入力値が指定された組合せ以外の場合、AとBの両方を
入力エラーとするのではなくBだけをエラーにするのが実務的には正しい”
と指摘され、事前の確認不足を反省・・・

システム開発に思い込みは大敵むかっ(怒り)
常にエンジニアとしての自分に対するエラーチェックを心掛けないといけませんね。

エラーに甘くないSATT開発部を今後とも宜しくお願い致します。
posted by ジッパー at 13:23
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2014年08月19日

”ぞろ目”は天使からのメッセージ?

こんにちは ミッシェルです。

今日は皆さんも読んでためになる・・・そうです、じゃじゃじゃ〜ん まさしく”ラーニングになる”記事をお届けしようと思います。

タイトルの”ぞろ目”についてなのですが、私は今朝、コンビニでサンドイッチとパスタと紅茶を買ったところなんと!レシートが888円のぞろ目でした。
大したことでもないんだけど、こういう時って「やったー!」なんて一人ほくそえんじゃったりしませんか?

私は今年になってから(意識し始めてから)このぞろ目レシートが出ると、記念に写メするようにしています。

過去の写メを振り返ると、4月に777円、6月に888円が出てきました。
で、今日が888円なので約2か月に一回、ぞろ目レシートに巡り合っていることになります。

これって多いのか?少ないのか?はたまた普通なのか?はわかりませんが、ちょっと気になったので、ぞろ目レシートって何か意味があるのかをサイトで調べてみることにしました。

ほお〜結構記事がある!同じような経験してる人って少なくないんだわ。
1日に何回も遭遇する人もいるみたい。そりゃ大したもんだわ。
中でも面白かった記事は「ぞろ目をよく見るのは意味がある?」というものでした。
http://news.livedoor.com/article/detail/4755664/

なるほど、これによると ふと時計を見るとぞろ目だったという経験している人って多いのね。
しかし、ぞろ目は単に印象に残りやすいから覚えているだけであり、何かのメッセージだという考えは思い込みだ!との意見もあるようです。

私は・・・時計は周りにアナログ時計ばかりだからあまり意識したことはないのですが、ぞろ目レシートには何かの意味があるような気がしてならないのです。
だってね、レシートは自分があえて選んだ数種類の商品の総額がぞろ目だったということなので、ギャンブルやくじ引きに近いものがあるんじゃあないのかなあ。って思うのです。

テレビで江原啓之さんが「勘が鋭くなっているとき」だと言ってましたよ。その場で当たりが出るくじを引くのにいい日かもしれませんね、という意見もあるので、まさにコレなのかもしれませんね。

さらに『エンジェル・ヒーリング いつでもあなたは天使に守られている』(ドリーン・バーチュー (著)/ダイヤモンド社)という書籍の中では、「ゾロ目の数字は天使からのメッセージである」と述べられているようです。
この本、興味深いですね!それに素敵な言葉。「天使からのメッセージ」だなんて。
(amazonで売ってるのでURLをお知らせしようとしたら、激長なので断念しました。ご興味ある方は調べてみてくださいね。)

シンクロニシティという心理学的用語もあるようで、
http://wpedia.goo.ne.jp/wiki/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%8B%E3%82%B7%E3%83%86%E3%82%A3
ユングの説明によれば、シンクロニシティとは「非因果的連関の原理」、言い換えれば因果関係の外部、あるいは因果関係に付随して働く連絡の形式である だそうで、・・・難しいので10%くらいしか理解できませんが、とにかく「おや?」と思う事象は、まあ何か意味があるとユングも言っているのですね。

ぞろ目になった数字の意味までもあるという記事もありました
http://woman.excite.co.jp/News/love/20140429/Cocoloni_30370.html
私の場合、8が多いから、ウッホッホ 金持ちになれる!!?


その他のいろんな記事を読んでいると ただただ、いいことだという意見ばかりではありませんでした。
不幸の前兆であるという意見もありました。


さてさて整理すると、ぞろ目については大きく3つの意見があることがわかりました。
ぞろ目に遭遇すると・・・

@ラッキーである、いいことがある「天使からのメッセージ」である
Aその逆で、不幸をもたらす
Bそんなもん ただの偶然さ

さあ、あなたはどれを信じますか?

いや、何が真実なのかは重要ではない。
自分はどう思うか?が重要なのではないかしらん?
私としてはラッキーであると信じたい。

こういうことって信じるが勝ち!ではないですか?
自分は今ラッキーなんだ!って信じると本当にラッキーを手繰り寄せられるのではないかと思います。


よし、では今後はぞろ目をゲットしたら、天使からのメッセージに素直に耳を傾けて 宝くじでも買ってみて証明してみよう。
結果は次のブログ担当の時にご報告いたしまっす。お楽しみに♪ららら〜ん。


結論、”ぞろ目”は天使からのメッセージ?


である!!


・・・と「信じるが勝ち」
posted by michel at 11:22
エンターテインメント | コメント(0) | トラックバック(0)
2014年08月18日

ちゅらうり

開発部だより 第248回


お盆になると、平日にも関わらず、バスが土曜ダイヤになることに、毎年ぶーぶー言っている開発部pinkです。
器小さっ!

今日は最近気になる植物をご紹介。


皆様「ちゅらうり」ってご存知ですか。
別名「オキナワスズメウリ」。

その名の通り、直径3cmぐらいでしょうか、小さな実がなります。
はじめは緑に白の縞模様(スイカの黒い縞が白くなって、すっごく小さくした感じ?)、これが秋になると赤くなります。

何でそんな話をしているのかと言いますと、SATTのご近所、東京ドームシティ内に所謂「緑のカーテン」がありまして、これが「ちゅらうり」なのです!
pinkは東京ドームを抜けて出勤しているため、毎日、その成長を楽しみにしているのです。

立秋あたりから、実が赤くなり始めました。
人間は、まだ暑い〜と文句を言っていますが、植物はちゃんと季節を感じているのですね。

ちなみに、実には毒があるので、食べられないとの事。

え?写真ないのかって?
行きは余裕ない。帰りは暗い。
だから、ない。


はい、営業。
http://satt.jp/
posted by 開発部pink at 13:56
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2014年08月12日

Internet Explorerの調子が悪い時は?

開発部だより 第247回

今回は、Internet Explorer の動きがおかしい時の対応について、ご案内します。

SATTでは、システム系としては、LMSが有名ですが、実は、業務系のシステムもWebで開発しています。そして、IEを使用していると、何かと動きやレイアウト(表示)がおかしくなって、お問合せなどいただくことがあります。
そこで、IEの動きがおかしい時に、確認する内容を、ご紹介します。

@互換モードになっていないか?
イントラネット環境だと、互換モードがデフォルトなので、よく起きますが、インターネット環境でも、なぜかサイトが登録され、互換モードになることがあります。「ツール」−「互換表示設定」で、互換モードを解除しましょう。レイアウトがくずれていたら、互換モードになっている可能性が高いです。

AWindows Updateが適用されているか?
過去に実際にあったのですが、PCの初期出荷の状態でIEで特定の動作を実行したら、「Internet Explorerは動作を停止しました」とのダイアログが表示され、IEを終了するしか方法がなくなるという状況が発生しました。これは、Windows Updateを適用したら、修正されました。
スタート・メニューの[プログラムとファイルの検索]に、「更新プログラムの確認」と入力して実行すると、Windows Updateの更新履歴を確認したり、適用可能な更新内容を確認できます。

Bいろいろ実施したけどNGな場合
shousaisetei.png
過去のIEには、コンパネの「アプリケーションの追加と削除」から、「Internet Explorerを修復する」という選択肢があったのですが、現在は存在しません。そして、IEの調子が悪いと、IEを再インストールするとか、いろいろな情報がありますが、まずは、インターネットオプションで「リセット」の実行をお勧めします。「詳細設定」タブの「Internet Explorerの設定をリセット」の「リセット」ボタンをクリックします。自分は、なぜかIEでラジオボタンをクリックしても、反応しなくなってしまい、「リセット」を実行したら、修正されました。


後は、キャッシュをクリアするとか、プラグインを確認するとか、F12キーで開発者モードで確認する等ありますが、まずは、簡単だけど有効な(そして意外と忘れがちな)方法を3点ご紹介させていただきました!




posted by 開発部 blue at 11:30
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2014年08月07日

Windowsのアップデートが変わる?!

Microsoft Windowsでお馴染みのサービスパックのようなまとめたアップデータを廃止し、月例アップデートでセキュリティや機能改善を行っていく方向に方針になったようです。

ますます、月例パッチが重要になってくるとともに、既存アプリやサービスが、月例パッチ毎に動かなくなる危険もはらんでいるんですよね・・・開発や運営に関わる我々としては、良いような悪いような・・・


「Windows 8.1 Update 2」は提供せず、今後は月例アップデートで機能強化 - INTERNET Watch より
posted by たっくん at 10:36
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
2014年08月06日

TinCan APIの分科会発足

モバイルラーニングコンソシアム(mLC)と、日本イーラーニングコンソシアム(eLC)は
「TinCan API (正式名称:Experience API)」に関するプロジェクトの一環として
以前より準備されてきた以下の2つの分科会を発足し活動を開始しました。
TinCan API は、従来のLMSに依存することなく、様々なデバイスからあらゆる学習記録を可能とする規格であり今後のeラーニングに深く関わるであろう内容になっています。

1.TinCan規格普及分科会
 本会は、eラーニングの履歴情報をビッグデータとして活用していく上で、様々な仕組みや学習結果をいかに活用できるか様々な課題を解決しつつ、TinCan規格の普及促進を目指していくものです。

 <課題と目的>
 TinCan API のLMSへの採用促進/APIの標準化、統一化/TinCan技術者資格の創設/学習ポートフォリオの共通化


2.TinCan利活用研究分科会
 本会は、TinCan規格の利活用に関する提案、研究を中心に活動していく予定であり、履歴情報を格納していく仕組みとして重要なLRS(Learning Record Store)を研究目的として設置し、教材コンテンツや管理ツールの開発を通じて評価していくものです。

 <課題と目的>
 テストベッドの公開/具体的な活用例の蓄積/活用アイデアの提案/個人情報の扱い


上記の内、「TinCan利活用研究分科会」は8月1日に第一回の開催をしており、今後関係者間でどのように進めていくか検討しました。
「TinCan規格普及分科会」については第一回の開催が8月7日(木)に開催されます。

基本的に分科会参加においてはmLC 、eLCの会員に限りますが、ご興味のある非会員の方は個別にもご相談ください。

※詳細と参加のお申込みはこちらから
posted by Dario at 13:51
eラーニング | コメント(0) | トラックバック(0)
2014年08月04日

バナナはあくまでバナナである

開発部だより 第246回


今年ももう8月ですね。去年はかなり暑かった記憶があるのですが、今年はどうでしょうか?
やはり暑いでしょうね。

さて、これはアメリカでのお話です。

その人は、投資会社の方で、バナナ会社同士の合併を成功に導き、一息入れた後の言葉です。

「バナナっていうのは、付加価値を付けるのが難しい商品でね、値段で売るしかないので、寡占状態を演出して値段を維持するしか、バナナ会社を生き残らせる方法はないんだ。」という事です。

昔語りに、バナナは貴重品で、病気の時しかたべられなかったというお話は、聞かれた方もいるとか思われますが、隔世の感がありますね。ものは、バナナだけに限った話ではありませんね。

さて、その方、来日した際に、彼の有名な果物屋さんのメロンを食し、こんな旨いメロンは生まれて初めてですと感動して、アメリカでもこんなメロンが食べたいと仰ったそうです。確かその果物屋さん、一本、1,000円のバナナを売っていたはずですが、そのバナナを食していたら、その方、なんと言ったでしょうか?

バナナはその昔、高級品でしたが(日本だけ?)、今はその地位にはおりません。

メロンは昔から高級品でありまして、ますます高級品度が高まっているようです。私は、未だに高級品であるメロンを食した事はないと自負しています。

商品に付加価値を付けるとか、独自性をを持たせるとか言われますが、時代の移り変わりにも負けないものを造るには、不断の努力が必要でしょう。

SATTにおきましては、eラーニングに関わります、各種のスキル向上の為、無料セミナーをご用意しております。

是非、奮ってご参加の程を。

posted by ハイタカ at 17:23
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)

SCORM技術者試験の受験者募集がはじまっています

日本イーラーニングコンソーシアム(eLC)で、SCORM技術者試験が実施されます。

開催日:2014/9/3(水)
申込締切:2014/8/25(月)

詳細は、こちらのURL
http://www.elc.or.jp/edtech/scorm/scorm01/

ページ下部には、試験受講に必要なSCORMのテキストや仕様書類もありますので、SCORMを勉強したい人は、この情報を参考にするのもいいですよ!
posted by たっくん at 11:18
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
2014年07月24日

今年入社のアナログ新入社員、出向という名の・・・

開発部だより 第245回



はじめまして
今年入社いたしました新人の葉っぱのぽおると申します。
入社して約四か月になりました。毎日が新しいことへの挑戦で新鮮です。

さて今回はお初ということで私の軽い自己紹介とさせて頂きます。
私は大学時代、メディア情報学部という部に所属していました。
一見このような学部名ですからITに強そうと思われがちかもしれません。
が、全く違いITどころか機械系全般が苦手なアナログ人間でございます。
(携帯電話もいまだにガラケーです)
なるべく講義もそういった物は避けておりました。
ゼミもそういったものではなく、粘土で作成した人形を一コマずつ動かして撮影し
繋げて動画にするクレイアニメーションを行っていました。

ですのでSATTに出向と決まった時は不安でたまりませんでした。
(SE、プログラマー系のお仕事・・・)
会社から電話で通達が来た時のことは今でもはっきりと覚えています。
茫然自失とはこのことかと思いました。

最初に申し上げた通り入社して約四か月、驚くほどあっという間に過ぎていきました。
この間、Office研修など様々な研修を受けました。
学生時代はITとは無縁どころか避けていた私ですが、現在はColdFusionを学んでおり、
毎日パソコンとにらめっこして頑張っております。
次にお会いする時に成長した所をお見せできるよう精進して行きたいと思いますので
どうか宜しくお願いします。

尚、eラーニング等についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。

posted by 葉っぱのぽおる at 10:56
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)