『教育とITで企業の経営を革新』
駿台グループのITラーニング専門企業 SATT (エスエイティーティー) が明日をサポートします。

2014年10月30日

モバイル対応で時間を有効活用

開発部だより 第257回



こんにちは。コタツをもう早くも出してミカンも用意した
葉っぱのぽおるです。

さて、私が現在、携わっている業務についてお話ししたいと思います。
ざっくり言ってしまうと、パソコンで行う自己学習をスマートフォンでも行えるようにする
業務に携わっております。
これで通勤通学などのすきま時間を有効的に自己学習にあてることができるというわけです。
通勤時間が長い私にとってはうれしい話ですね。

そのなかのテスト作業時にchromeのデベロッパーツールというものを使用して作業を行っているのですが
何かと申しますと、スマーフォンの表示サイズに合わせて表示してくれるというもです。
(もちろん実機でもテスト作業します)
その中に最近発売された、iPhone6が早くも対応しており、なんと便利なツールなんでしょうと関心いたしました。
入社してまだ半年ですので、様々なものが新鮮に映ります。
これから先、どんどんモバイル対応が進んでいくはずですので、またこのデベロッパーツールにお世話になりそうです。

とモバイル対応についてお話しさせて頂きましたが
SATTでもモバイル対応の相談が増えております。
お気軽にご相談ください。
posted by 葉っぱのぽおる at 09:11
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2014年10月29日

「HTML5」がW3C勧告に!! 正式にWeb標準になった!!

2014年10月28日(アメリカ)で、HTML5がW3Cの勧告として公開されました。

規格を振り返ると、途中「XHTML」などの規格もありましたが、HTML4.01から約15年ぶりの規格更新になりますね。
1997年「HTML 4.0」
1999年「HTML 4.01」
2000年「XHTML 1.0」
2001年「XHTML 1.1」
2014年「HTML5」

時代とともに、規格も移り変わって行きますので、その都度、Webコンテンツを最適化して提供していくのが、我々Web開発に携わる者の役割です(笑)

テーブルタグでガチガチにレイアウトしていた昔が懐かしいです(笑)
posted by たっくん at 18:48
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)

Adobe Captivate 8 マルチデバイス環境対応eラーニングの実現

最近のeラーニングはスマホ・タブレットデバイスによる学習も一般的になってきました。
Adobe Captivateもバージョン6以降、HTML5形式のコンテンツ出力に対応するなど既存のPC+FlashPlayerの枠を取り払いマルチデバイス環境に適用してきました。

特に最新バージョンの「8」では、製作者のPC環境から様々なデバイス上でどのようにコンテンツが表示されるかをプレビューできる(マルチデバイスプレビュー)ので、より効率的に教材制作に取り掛かれます。

デバイスの画面サイズの違いに適応し、最適なレイアウトを提供できる「レスポンシブプロジェクト」という機能が搭載されており、
既存の「デモンストレーションプロジェクト」「シミュレーションプロジェクト」「クイズプロジェクト」のようなコンテンツ形式を分類するのではなく、出力形式をHTML5形式のスマホ・タブレットの特徴を意識した教材をはじめから簡単に作る事ができます。

画面は「レスポンシブプロジェクト」でPC版、タブレット版とスマホ版をそれぞれレイアウトを切り替えて作成する様子です。

Cap8 画面1PC.jpg
PC版

Cap8 画面2タブレット.jpg
タブレット版

Cap8 画面3スマホ.jpg
スマホ版


Adobe Edge Inspectを利用すると、Web上にアップしなくても、制作環境上で簡単に確認する事ができます。
Cap8 画面4プレビュー.jpg
新しくなったCaptivate 8を用いてマルチデバイス教材を簡単に用意できる事は、eラーニングの内製化が進む中企業の教材作成担当者にとって強力なツールになると確信しています。

現在、m-SchoolではCaptivateの法人研修も手掛けていますので、この機会にぜひご検討ください。
お問合せはこちらまで
posted by Dario at 10:54
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)

月刊「人材教育」11月号にSATT記事掲載

さすがに最近は朝晩が冷え込むようになってきました。
季節の変化に体調を崩さないように気をつけている今日この頃です。

今回は先日発行された
 月刊「人材教育」11月号の特集
  「育成を効率化し、深める”モバイルが導く 新・企業内学習”」

でSATTのモバイルラーニングを取り上げてもらいましたので、その内容を軽くご紹介します。

「愛情教育」を理念に掲げ、2018年には100周年を迎える駿台予備学校のICTを支えるグループ会社であるSATTは、業界内でも古くからeラーニングに取り組み、オープンソースLMS「Attain2」をはじめ多くの企業にSATTのラーニングを導入いただいています。
現在は「Attain2」から「smart FORCE」にLMSも進化し、いち早くタブレット・スマホにも対応しました。
企業のeラーニングも自前でサーバーを用意して運用していた時代からクラウド活用が盛んになり、より柔軟な機能とサービスが必要となっています。

以前はデスクトップ主流のeラーニングも、現在は様々な端末からの学習に対応する必要があり、教材制作においてもマルチデバイスに対応したコンテンツを如何に効率よく用意できるかが課題のひとつにあげられ、企業が全てを自前で運用する事は並大抵の事ではありません。

記事にも触れていますが、eラーニングは導入よりも運用の道のりのほうが大事で大変です。
SATTはシステムやコンテンツの導入に留まらず、その先の運用サポートにも力を入れており、今月もCaptivate8をはじめ、Adobeの法人トレーニングを複数実施しており、内製化のための技術強化研修も実施しております。
既存の定期開催していた講座を法人研修のためにヒヤリングを通じて必要な部分を集約し、現地に講師を派遣したりもしています。
最終的には導入された企業の教育効果が上がる事をお手伝いしていきます。

SATTはこれからも導入企業の担当者様が本来の教育に専念できる様、eラーニングの環境を陰ながら支援していきます。

モバイル対応した最新のsmartFORCE情報はこちら
posted by Dario at 09:46
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
2014年10月27日

eラーニングで情報セキュリティ教育!

開発部だより 第256回



皆様こんにちは。最近料理に目覚めた8prinzです。
早いもので、今年も残すところあと2か月となりました。
最近は秋も深まり、とても過ごしやすい時期となりましたね。

今回は日々心掛けている情報セキュリティについて触れたいと思います。
今年から社内の情報セキュリティ委員会に入れさせて頂いた関係で
年間の運用を通じて勉強させて頂いている次第であります。

今年は、各業界で例年以上に重大な個人情報漏洩事件・事故が多発しました。
特に7月に発生した某教育関連企業の事故は社会的な問題として大きな影響を与えました。

弊社はこれまでも万全の態勢を取って参りましたが、
従来以上に情報セキュリティに関しての個々の知識や危機管理を徹底して強化して参ります。

クリアデスク・クリアスクリーンはもちろんのこと、セキュリティエリア内における
私物携帯端末の使用制限、ドキュメント整理等、個人レベルでできる対策の徹底が
事故への有効な防止策となります。

また、eラーニングによる社員への情報セキュリティ教育も効果的な手段の一つです!
社内規定の再確認や事故事例からの学習などを行い、短時間で効率よく教育できます。
教育内容を基に社内テストをすれば結果から様々な切り口で分析でき、教育の質の向上にも役立ちます。

社会人に限った話ではなく、小学生でも当たり前のようにスマホを使う今、
早い段階から情報教育の落とし込みが求められています。
「自分はちゃんとやっているから大丈夫」と思っていても、いつそうした事故に
巻き込まれるか分からないので、慢心せず日頃の情報管理の徹底が何よりも重要だと感じていますひらめき

参考までに
 ・今年発生した情報漏洩事件・事故一覧
 ・「ここからセキュリティ! 情報セキュリティ・ポータルサイト」

・・・ここから余談・・・

今年の夏ごろから猫を飼い始めました。
元はといえば、小さい時に交通事故に遭い、瀕死の状態で動物病院に運ばれてきた猫でした。
回復後は動物病院で可愛がられていたのですが、縁あって引き取ることになったのです。
少し足にダメージを残していますが、もうすっかり元気で甘えん坊。
帰宅すると一目散に「メシー!どんっ(衝撃)」と絶叫し、お腹が満たされると
お気に入りのおもちゃで狂喜乱舞し、飽きたら勝手気ままに寝に入ります。
最近は寒いのか、自分が寝ているとすぐお腹の上に乗ってきてゴロゴロ言ってます。
とにかく自由に生きる猫ですが、今までペットを飼ったことのない私にとっては
家に猫がいることがすごい新鮮。すっかり猫バカです猫

ほんとかどうかは知りませんが、犬好きの人より猫好きの人の方がIQが高いらしいですよ(^^)笑
posted by 8prinz at 10:27
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2014年10月18日

Flashで音声の読み込みがうまくいかない?

開発部だより 第255回


こんにちは。
すっかり秋らしく、朝晩は寒いくらいですね。
この時期だけ街中に香るキンモクセイの香りが大好きな、開発部Blackです。
年によっては2度咲くので、2回香りが楽しめると得をした気分になります。

さて、未だFlashと毎日のようにおつきあいしている私ですが、今さらながらの出来事に遭遇して困ったことがありました。

現在、とあるコンテンツ制作中です。
先生キャラクターあり、生徒キャラクターあり、解説の内容はもりもり、解説だけでなく頻繁に入力やドラッグ&ドロップのクイズ問題あり、もちろん解説音声あり。
この先生キャラクターがしゃべるしゃべる。
解説内容もしっかりと、それ以外もことまでいろいろしゃべってくれます。
複数登場人物がいるのですが、人間関係もさまざまです。

と、今回は内容についてではなく、使用している音声について。
ナレーションの収録はSATTにて行っています。
お客様も数をこなして、収録作業にかなり慣れてきた模様です。
そしてコンテンツで使えるよう、音をお客様の希望した単位にカット(編集)するのですが、この作業はお客様都合によりお客様側で行っています。
そして、カットされた音声をSATTで受け取り、コンテンツに組み込んでいます。

ここで最近起きた現象が、「読み込んだ音の頭の部分が切れてしまう」というものでした。
しかも全部のファイルを起こるのではなく、時々、そしてランダムに起こりました。
もちろん、Flash内の「編集」で途中からの再生にしているわけでもなく。
最初の対処法としては、一度音声加工ファイルで開きなおし、再度書き出し直すようにしました。
該当ファイルが多くない場合はこれでも問題ないのですが、切れたところをチェックして、該当のファイルをピックアップして、再書き出し…というのはちょっと手間がかかるので、その後はAdobe Media Encoderというソフトで一括読み込み・一括書き出しをするようにしました。
これで全てのファイルを一気に際書き出しでき、とても便利でした。

今までFlashに音声を読み込んだ際に、こういうエラーを経験したことがなく、最初はかなり焦りました。
多分、音声編集したソフトとFlashの相性が悪かったのでは、という結果に落ち着きましたが。
内容盛りだくさんのコンテンツなので、音の読み込みで手間取っている場合ではない!と、解決して良かったです。

eラーニングのご相談はこちらから。
posted by 開発部Black at 14:51
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2014年10月16日

googleが、Android 5.0 および nexus 6・nexus 9 等を発表!

15日にGoogleからAndroid 5.0 および nexus 6nexus 9 などが発表されました!

Android 5.0 Lollipop(英文)

いよいよ、Android OS もメジャーアップデートデートですね!

nexus 6/9 の日本の発売日は、まだ発表されていませんが、わりと早く発売されると思われます。
ぴかぴか(新しい)期待ですね!ハートたち(複数ハート)

個人的には、nexus 9 が気になります!

本日発表がある Apple の動向も気になりますね!
「iPad Air 2」と「iPad mini 3」は確定っぽいので!
(iTunes Storeにうっかり表示されたらしいのでわーい(嬉しい顔)
「iPad Air 2」と「iPad mini 3」は確定──Appleがユーザーガイドで一瞬表示 - ITmediaニュースより
posted by たっくん at 11:51
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
2014年10月15日

eラーニング導入のその先

私は開発を少し経験した後、営業としてお客様と向き合い10年近くなります。
企業の数だけ教育は存在するため、本当に様々な業種業態、状況のお客様とお話をし、
eラーニングを提供してきました。

もちろん環境や利用法、内容についてはそれぞれ異なりますが、
eラーニングのシステム(形)としては、根本的な所は同じものと考えることができます。
そろそろ他のことも、、と考えていた所でつい最近、上司の奨めで、改めてeラーニングとは、
教育とは、的な事を学習する機会がありました。
どちらかというと、学問的な内容だったのですが、とても興味深い内容でした。

ざっくり言ってしまえば、全てはPDCAを回すことなのですが、
システムベースの考えから、改めて教材コンテンツの構成、提供方法その後について考えさせられました。


---
企業の教育は、ゴールベースデザインであり、目的があり、
そのためのステップとしての教育を、eラーニングで提供する事が本来の目的であると考えます。

しかし、企業の代表的なeラーニング導入としては、やはり情報セキュリティや
コンプライアンスの教育として全社的に実施するものが多く、
それのみでeラーニングが完結している所も多いかと思います。


私のお客様も、多くは半年ほどは本当につきっきりのような対応になるのですが、
その後ぱったり問合せがなく、久しぶりにお話を聞くと、
ものすごい数の教材になって、eラーニングをフル活用されている所もあります。
また、年に数回を何年も継続して利用されている所もあります。

しかし、どうも提供するだけで終わっているのではないか、
評価改善については見えてきませんし、企業として行き付く先、
企業収益に貢献できているかどうかは、十分ではないように思われました。


せっかく導入していただいたのだから、、。

企業での教育というものをもう一度考えることによって、
改めて導入後、暫く経ったお客様に、もう一歩先のお話を聞いてみたいと思いました。

posted by まっくす at 11:16
eラーニング | コメント(0) | トラックバック(0)
2014年10月13日

次期 Windows 発表

開発部だより 第254回


どもども。
開発部リーダーです。

今、このブログを書いている時間、外では大雨が降っています雨
関東も、2週続けての台風上陸となりそうですね。
台風の通過が予想される地域の方は、十分にご注意ください。
・・・そういえば、前回のブログの時も台風が来ていたっけたらーっ(汗)

さてさて、先月からコンピュータ業界的に大きなニュースが続いています。
まずは、「iPhone 6」&「iPhone 6 Plus」の発売と「iOS 8」のリリースがありました。
「あんまり変わらない」だとか「iPhone 6 Plusが微妙に大きくて、ちょっと使いづらい」とか、いろいろ言われているようですが、概ね好印象のようですね。
もっとも、iOS 8 は、アップデートの不具合で話題になってしまいましたがあせあせ(飛び散る汗)

そして、今月に入ってからはマイクロソフトから次期 Windows の発表がありました。
「Windows 7」→「Windows 8(8.1)」ときて、次は「Windows 9」かと思いきや、すっ飛ばして「Windows 10」とのこと。
なんとも理解しづらい名称ですがたらーっ(汗)今までも特に一貫性があったわけでもないので、マイクロソフト的には問題ないのでしょう。

先行レビューを見る感じ、スタートメニューが復活していたりして Windows 7 に先祖返りしたような印象を受けます。
機能的には、ストアアプリとクラシックアプリがシームレスに使えるようになったり、仮想デスクトップが使用できるようになったようです。
リリースは2015年後半とのことで、まだまだこれから、という感じですね。
でも「Windowsの法則」に当てはめると、次のOSは失敗…exclamation&question
posted by 開発部リーダー at 23:03
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2014年10月08日

これから月食が見えるのか?東の空で19時24分から皆既月食があるはず!

確か、今日の6時14分頃から欠け初め、19時24分〜20時24分まで皆既月食のはずだが、会社の窓からだと空に雲があるのかよくわからないたらーっ(汗)

綺麗に見れるといいな〜
今、水道橋だけど、空は晴れているのかな????
posted by たっくん at 18:27
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)