『教育とITで企業の経営を革新』
駿台グループのITラーニング専門企業 SATT (エスエイティーティー) が明日をサポートします。

2016年06月22日

カスタマイズをしない利点

〜イベントを終えて〜
5月は、18日(水)〜20日(金)まで、東京ビッグサイトにて
教育ITソリューションに出展し、
6月は先々週の8日(水)〜10日(金)まで、東京国際フォーラムにて
ラーニングテクノロジーに出展しました。

お忙しい中、ご来場、弊社ブースまでお越し頂きました皆様には
深く御礼申し上げます。

SATTがeラーニング関連のイベントに出展するのは、5年ぶりになります。
今回の出展のメインは、先日の6月1日にリリースした、
SATTオリジナルLMS「学び〜と」のお披露目がでしたのですが、
振り返って見ると5年前の出展は、smart FORCEをお披露目した時でした。

あれから、5年。
環境は少しずつ、でも大きく変わり始めました。eラーニングで定番であった、
FlashPlayerからHTMLとなりました。
学習環境も、PCからタブレット、スマートフォンへ変わりつつあります。
皆さんのeラーニングの学習環境はいかがでしょうか?

実は、「学び〜と」がリリースされる直前まで、
どうしても「smart FORCE」の高機能で安定したシステムと比較してしまい
営業として、安心してお客様のニーズに応えられるシステムとは到底思えず、
私はどうしても今、「学び〜と」をお客様に勧められません。
smart FORCEを進めていってもいいですか? など
気付けばつい上司と喧々諤々ともめていた事を思い出します。


smart FORCEはどんなカスタマイズに対応できますが、学び〜とは基本いたしません。
お客様のニーズに応えられるシステムやサービスを提供してきたSATTにとって、
ちょっとした変化でした。
もちろんそのベースとなる所は変わらないのですが、個別対応ではなく
メインシステムにそのニーズを取り入れて変えていく。ということです。

今のWebの環境はどんどん進化しています。
しかし、大きくカスタマイズしてしまったシステムはその進化に対応できず
利用者に制限を与えてしまうのだということを実感しています。
つい最近では、IE9問題ではないでしょうか。
「スマートフォン対応にしたいけど、IE9の方にも対応して欲しい」というのは難題です。


6月1日リリースをし、イベントでのお披露目をターゲットに
「学び〜と」は目に見る早さで改善、機能アップされました。

今、smart FORCEと学び〜と、どちらのシステムをご案内するか?
と聞かれれば、「学び〜と」と応えられるようになりました。
まだ多少の不足機能はあるけれども、これも改善されるスケジュールは
上がっていますので、不安はありません。

SATTのeラーニング関連の部署は1フロアで1つまとまっています。
声を大きくすれば聞こえます。(システムの開発はほぼ隣に位置しています)
開発者は、営業がお客様と対応している声を聞いて、状況を感じ取ってくれているのでしょう。
即座に検討し次の対応の優先順位をフレキシブルに調整し毎日のように対応しています。

今、まさにスタートした「学び〜と」ですが、目に見える早さで成長しています。
大人になるまで待たず、成長していく姿を見ながら、夢を載せて下さい。
初めはシンプルスタートでも、どんどんできることが増えるにつれて、
お客様のやりたいことも増えてくるでしょう。
初めはシンプルが一番です、是非、今がチャンス。「学び〜と」を検討ください。


体験版はこちら↓
https://manabeat.com/sites/trial/new


※問い合わせたら導入をしないと、、なんて事はありませんから、是非お気軽にご連絡下さい。
posted by まっくす at 09:13
LMS | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年06月15日

ラーニングテクノロジー2016へのご来場をありがとうございました!

開発部だより 第317回


みなさま、こんにちは〜! 開発部(チ)です。
東北地方も梅雨入りしましたね。  みなさま体調など崩してはいませんか?

6/8(水)〜10(金)の3日間、有楽町・東京国際フォーラムで開催されました
ラーニングテクノロジー2016」 および SATTブースへご来場いただいたお客さま、
誠にありがとうございました。


開発部(チ)は、9日(木)午後、「学び〜と」の説明員としてSATTブースへ
立たせてもらいました。

その日は、弊社営業統括の星野が「歴史から見るこれからのeラーニング活用方法」
というセミナーを開催しており、そちらへ参加された方々がそのままSATTブースへ
いらっしゃるというウレシイ流れもありまして、予想を超えた多くの方へ「学び〜と」を
ご紹介することができました。

ブースにいらっしゃったお客さまからは、「学び〜と」の全体的な概要、教材の作成方法と
学習履歴の管理、などのご質問を多くいただきました。

また、もう一歩踏み込んだ教材の作成に最適なSATTの教材作成ツール(smart PREO 3smart QUTE 3smart TLEC)にもかなりのご興味をもっていただけたようで、
とてもありがたかったです。(教材作成ツール、かなりおススメですよ!

ぜひ、「学び〜と」 ならびに SATTの教材作成ツール をご検討ください!!


■「学び〜と」の公式サイト 新しい情報をぞくぞくと更新中です。
http://www.manabeat.com/

◆ 無料トライアルの流れ
http://www.manabeat.com/start/index.html

◆ FAQ よくあるご質問とその回答
http://www.manabeat.com/faq/index.html


■ ビデオで学ぶ「学び〜と公式チャンネル」を開設 《愛称は“学(まな)チャン”》
 無料トライアルスタート、教材の作成〜教材の受講までを動画でご説明中!!
https://www.youtube.com/c/Manabeatcom


※自分の部屋でのんびりくつろぐ時は、白湯、コーヒー、紅茶、などを飲んでいましたが、
 最近、急須で淹れたお茶が飲みたくなりまして、レトロな水玉柄の湯飲みを買いました。
 (公民館にあるような、紺地に白の水玉模様がついたやつです。)
 家の周りはいわゆる「道具街」で、湯飲みなどはいくらでも売っているのですが、
 休日のあまりの人出の多さに探すのをあきらめ、結局、ネット通販してしまいました。
posted by 開発部(チ) at 12:10
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年06月07日

【明日から3日間】「ラーニングテクノロジー 2016」に出展します!

どーも、MSKです。

各地で梅雨入りと天気は湿りがちですが、
ちかごろSATTは元気です!!!

早速ですが、SATTは6/8(水)〜6/10(金)の3日間、
有楽町は東京国際フォーラムで開催される、
ラーニングテクノロジー 2016」に出展します。
(先月のEDIXに続いて2ヶ月連続出展!!)

概要や見どころの詳細については下記より御覧頂けます。
http://satt.jp/event/2016/learning-technology/index.htm


6/1にリリースし、無料トライアル受付中の
クラウドサービス型の新学習管理システム「学び〜と」を
実際にデモ操作しながらご紹介致します。

また同日にリリースした、テスト型教材制作ツール
smart QUTE 3」をはじめとしたSCORM対応の
内製化支援ツールも展示致します。

それぞれ本ブログでも記事投稿していますので御覧ください。
学び〜と: http://blog.satt.jp/article/438504290.html
QUTE 3: http://blog.satt.jp/article/438505855.html


さらにブース展示だけでなく、eラーニング界の老舗ならではの観点で、
無料セミナーも会場で行う予定です。

【ワークショップ:W263】
「歴史から見るこれからのeラーニング活用方法」
6月9日(木) 14:10〜14:50
日経BPセミナーお申し込みページより  
サービスジャンル別表示 >「学習管理システム(LMS)」
を選択してください。


【オープンシアター:O355】
「eラーニングも結局重要なのは教材!!
早く、安く、いいコンテンツを作るために必要な5つの条件」
6月10日(金)15:10〜15:30

明日から3日間「ラーニングテクノロジー 2016」にて、
ご来場お待ちしております。


それでは!MSKでした。
posted by MSK at 13:36
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)

次期ColdFusionに欲しい物リスト募集中

開発部だより 第316回



こんにちは!
関東甲信地方も梅雨入りしましたね。ijです。

ColdFusion 2016がリリースされてまだ半年足らずですが、
現在、AdobeのColdFusionチームのBlogで、
次期ColdFusionに欲しい物リストの募集が行われています。

応募の手順は以下になります。

1.Adobeのパブリックバグトラッカーにログインします。(※Adobe IDが必要です。)
https://bugbase.adobe.com

2.画面右上の「+ Add Bug」を追加をクリック


ColdFusion_Wishlist1_2016-06-07_084358.png


3.Productで「ColdFusion」を、Versionで「2016」を選択します。

4.Product Areaで「Wishlist」を選択し、Descriptionの欄に、次期ColdFusionに欲しい物のリストを入力します。

ColdFusion_Wishlist2_2016-06-07_085638.png

5.画面右下の「Submit Bug」をクリックして送信します。

応募の手順は以上です。

是非皆様も、欲しい物リストをご応募ください!

もしかしたら、皆様の応募した欲しい物が、次期ColdFusionで採用されるかもしれません!
ちなみに本記事投稿時の2016年6月7日現在、〆切がいつなのかは不明です。

Adobe ColdFusion Blog:
Submitting your wishlist for the next version of ColdFusion

それではまた!

うおっと、SATTの新学習管理システム(LMS) 【学び〜と】リリースしました❗❗
posted by ij at 09:46
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年06月01日

テスト教材制作ツール smart QUTE 3 発売開始

smart-qute3-overview.jpg

テスト教材制作ツール smart QUTE 3 が本日より発売開始されました。

smart QUTE 3 は、専用のExcelシートに問題・選択肢・解答等を入力すれば、eラーニング用のテスト・クイズ教材が誰でも簡単に作れるツールです。

学習管理システム smart FORCE や、本日よりサービスが開始された「学び〜と」等、SCORM対応のLMSに登録可能です。

今回のバーションアップでは、より使いやすく、さまざまなニーズに対応した教材が作れることを目標に大幅な改良がおこなわれました。その機能についていくつかご紹介させていただきます。

◆マルチデバイスで共通のコンテンツ
パソコン、iPhone、iPad、Android のどれで受講しても自動で最適なレイアウトになり、共通のデザイン・操作性で学習する事ができます。

◆教材の目的に合わせて出題パターンが選べる
「1ページに複数の問題を表示」「正解・判定をすると次へ進める」等、教材の目的に合わせて出題のパターンを選択できます。

◆問題以外のテキストや画像を自由に追加できる
長文のテキストを読んで答える問題を複数問設定したり、「講義⇒テスト⇒解説」のようにページ構成を設定したり、色々な教材が作成できます。

◆問題の種類が7種類に
新しく「ドラッグアンドドロップ」「並べ替え」「文中入力」「正誤」の4種類の問題形式が追加されました。それまでの「択一」「複数選択」「入力」とあわせて7種類の問題形式で教材を作成できます。

他にも「繰り返し・振り返り学習機能」「上付き・下付き文字の設定」「スワイプページ移動」「画像のサイズ設定」「文字サイズ変更」等、多くの機能追加と改良がおこなわれています。

smart QUTE 3 の製品ページでは受講していただけるデモコンテンツが公開されていますので、ぜひ一度 smart QUTE 3 を体験してください。

また教材だけでなく、教材の作り方も確認したいというお客様向けに「サンプル版」を用意しています。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。
posted by 開発部OliveDrab at 14:49
教材制作ツール | コメント(0) | トラックバック(0)

新LMS【学び〜と】本日リリース!!

manabeat-vertical-md.png SATTの新学習管理システム(LMS)
【学び〜と】
本日リリースしました❗❗

【学び〜と】とは
”ビートを刻むように軽やかに効果的な学習ができる”
をコンセプトに開発された学習管理システム(LMS)です。


【学び〜と】の3つの特徴
オリジナル教材が簡単に作成可能!
受講者の⽣活リズムに合わせて学習リズムが作れ、進捗管理も楽らく!
低コストで手軽に始められる学習システム

そして本邦初公開
これが【学び〜と】の画面です🎵

<管理者画面>
【管理者】ダッシュボード【管理者】レポート【管理者】教材管理

<受講者画面>
【受講者】マイページ【受講者】オリジナル教材1【受講者】オリジナル教材2


実際の使い勝手などは、是非、触って確かめてください

無料トライアル(2か月間)や、詳細こちらから


また、6月8日(水)〜10日(金)までの3日間、東京国際フォーラム(有楽町)にて開催される
ICT教育の専門展 「ラーニングテクノロジー2016」に出展します。
こちらでも【学び〜と】をご覧いただけますので、是非、見に来てください
ラーニングテクノロジー2016の出展情報はこちらから


SATTが自信を持ってお届けする新LMS【学び〜と】
是非お試しください
posted by 魔女ッ娘 at 13:38
LMS | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年05月30日

ニゴロの呪縛

開発部だより 第315回


今年すでに蚊に3回刺されました、開発部ジッパーです。

みなさん、“ニゴロ”ってご存じですよね。
そう、コンピュータ界でいうキリのいい数字、“”(通称“ニゴロ”)。

  1バイト = 8ビット = 2進数で256通り 

ってなわけでコンピュータに関する様々な制限に256の数字がでてきます。
カラー256色、SSD256GBなどなど。

当然、私が主に携わっているメインフレームの世界でも
二ゴロ様がどどーんと立ちはだかることが多いわけですが、
先日、このニゴロ呪縛のせいでトラブル対応に四苦八苦する事態が・・・。

あるシステムでDBの空き容量不足でデータが追加登録できないというトラブル発生。
当然、空き容量が十分にあることは定期的に確認していたので
なぜそんな急にいっぱいに!?と焦る私。
情報リストを出力して確認してみると、やっぱり容量の空きは一杯ある。
ではなぜ容量不足エラーが!?

リストの端っこに、これまでの容量の増分取得回数が表示されていたので
念の為数えてみる。えーと・・・123

 『123? ピンとこない数字だな。 256 じゃないし。』

そう思って華麗にスルーし他の原因を探る。
でもやはりコレだという原因が見つからない。

こんな感じでしばらくワーワーやっている間に、
上司が原点に返って分厚いマニュアルを読みあさっていると、
そこにひっそりと書かれた衝撃の一文を発見!

 『エクステント数の上限は123とする。』

コイツかーーッ!!となって急いで増分を調整、DB再編成して解決となりました。

なんで123・・・と恨み節の一つでも言いたくなるところですが、
(おそらくこれも7ビットでいくつか他で使ってという数字なのか...)
システムはニゴロが全て”と思い込んでいた自分に猛反省
マニュアルはきちんと読みましょう。

学び〜と』、6月1日いよいよサービス開始です
お問い合わせはこちらまで〜。
posted by ジッパー at 15:39
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年05月24日

教育ITソリューションEXPO 無事終了

先週の18日〜20日の三日間、東京ビッグサイトで開催されました教育ITソリューションEXPO 2016が無事終了いたしました。
IMG_7096.JPG

EXPOの来場者数も昨年比で10%増とのことでしたが、SATTブースにもたくさんのお客様にお越しいただき、ありがとうございました。
この場を借りてあらためてお礼申し上げます。

SATTブースでは、以下の製品サービスを紹介しました。
(1)校務システム「賢者」 小中高向けの校務支援
(2)新LMS「学び〜と」  SATT第四世代の学習管理システム
(3)駿台サテネット21 動画とテストのラインナップ

IMG_7117.JPG
「学び〜と」は6月1日よりリリースするクラウド型のLMSサービスで、いままでeラーニングを導入していなかった企業や学校でも簡単に利用できる事を目指しています。
2か月間の無償トライアルもリリースと合わせてご利用いただけるのでぜひお試しください。
「学び〜と」のサイトはこちら

来月には東京国際フォーラムで開催されるラーニングテクノロジー2016でもリリースされた「学び〜と」をご紹介しますのでこちらもご来場をお待ちしています。
posted by Dario at 15:00
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)

EDIX番外編

開発部だより 第314回



真夏日⁉開発部pinkです。

先週18日(水)〜20日(金)の3日間、ビッグサイトで開催された
「教育ITソリューションEXPO(EDIX)」に出展いたしました。

pinkも、初日の18日(水)、お手伝いに行って参りました!

pinkは午後からのお手伝いでしたので、
13:00前ぐらいにゆりかもめで「国際展示場正門」に到着
(ゆりかもめでは、なるべく先頭に乗るpinkです)。

どれどれ、どんな方がEDIXにいらっしゃるのだろうと
まわりを見てみると…


とてもおしゃれなお嬢さんがたくさんいらっしゃるではないですか

ビッグサイトは広いですから、当然EDIX以外の展示会も開催されているわけです。
それは、分かっています。それにしても、何でこんなにおしゃれ???


それは

「Beautyworld Japan」
ビューティビジネス業界最大の見本市

だそうです。

同じ東棟で開催されておりました。
ちなみに「Beautyworld Japan」の開催は15日(月)〜18日(水)でしたので、
かぶったのは1日だけでした。


…と、EDIX番外編でございました。
本編は、他のメンバーのブログでどうぞ。


営業です。↓
http://satt.jp/
posted by 開発部pink at 10:19
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年05月23日

コミュニケーションについて学んだ日

こんにちは ミッシェルです。

早いもので5月も下旬。じわじわと汗ばむ季節になりました。
いよいよ郊外で活動する時は水分や紫外線に注意が必要になりましたね。

さて、こんな季節ではありますが、
東京都美術館で5月24日まで開催の「若冲展」に行って参りました。
私は若冲大好き人間でして、
若冲展があると聞けば東西南北、どの地方にも足を運びます。
今回は近場の東京で一生のうちに何度目にすることができるかわからないような
大変貴重な「動植綵絵」30幅にお目見えできるとあって、
「まあ、なんて嬉しいこと」ときらきら心ときめかせて出かけて参りました。
若冲展について気になった人は若冲展特設サイトへこちら 

そして「動植綵絵」30幅はもちろん素晴らしかったのですが、
今回驚いたのは、若冲のその人気ぶり。

入場まで連日数時間待ちは当たり前。
もっとも混んだ日は、320分待ち=5時間半!?という恐ろしい状態だそうで。
(ネットニュースにもなっていました)
(本当に5時間半も並んだ人、いるのかな?私だったらぶっ倒れてしまうでしょう・・・)

とはいえ、かくいう私もチケット売り場に30分並び、入場を待つ列には約2時間並んだので
トータル2時間半並んだことになります!(←5時間は無理!2時間が限界っす、先輩。)

さてさて、ここから本題。
今回はこの2時間半の間に学んだことをお伝えいたします。

私が行ったのは平日でもあったからでしょうか。
お並びになっている人たちは、こぞって高齢の方でした。
(どういう状態かというと私が若者として認識されている?ちょっと目立っている??
 という状態です!うきゃっ)

わざわざ平日を選んだのは、まだ空いている方だろうと思ったわけで、
よって誰も誘わず1人、大人しく並んでいました。
暇なので、スマホをいじったり音楽聞いたり、または立ったままPCで作業をしたり・・・
もしていました。

ところが、ふと周りを見渡すと「え?スマホやPCを触っているのは私一人だけだわ!」
高齢の方々は皆、仲良くわいわいがやがや・・・
1人で来ている人も結構いらっしゃったのですが、始めて会った者同士でも
仲良く話をされていました。

ええ?これって、もしもアンダー50才くらいの人々が同じ状況だったら
寡黙にスマホをいじっている人だらけになるのでは?と容易に想像ができました。

そうか、世代によってこんなに違うんだなあ〜アンダー50才とオーバー60才。
コミュニケーション上手は一体どちらなのだろう?
スマホどころか携帯もない時代を生きてきた高齢者の方々は、
生のコミュニケーションをよしとする(というか、それしか知らないのかも
しれないですが)
本当は、それこそが最良のコミュニケーションなのでしょうね。
そこにいる人々が皆一様に下を向き、スマホばかりいじっている姿はある意味滑稽です。
コミュニケーション上手な高齢の方たちに囲まれて、
なんだかホッと暖かい気持ちになりました。


ただし・・・ここからは絵を見ている時の話でして・・・
皆さん親しい人と仲良く思ったことを全部口にして大きな声で表現されるので、
『梅花群鶴図』の素晴らしい美しさに「ああ〜」とうっとり浸り見入っている時に

隣の老夫婦
「あ、これは丹頂鶴だな。」
「え?丹頂鶴?なんでわかるの?」
「頭が赤くて尾羽が黒いのが特徴」
「ふ〜ん、なるほどね、丹頂鶴かあ。はあ〜」
「そうそう。じゃあ次に行こうか」

こんな会話を大きな声でされていると気になって気が散って仕方ない。
「おいおい、もう行くんかい!?
 何時間も並んで、ほんとうに絵を見に来たんかい??
 図鑑じゃあないんですよ〜。
 それよりも、この筆ぶり、大胆な色使い、細密な描画、絶妙な構図、
 そういうとこ、見て頂戴!!」
っ叫びたくなってしまいました。
まあ、どう思おうが観る人の自由ではありますがね。
心の中でこそっと思うとか、一緒にいる人とはナイショ話くらいの声の大きさ
で会話してくれればいいのにな〜とちょっと思った次第であります。

で、今日の結論。
コミュニケーションが豊かなことは良いことですが、
時と場所を選んだほうが

いいの

かも?!
posted by michel at 20:02
エンターテインメント | コメント(0) | トラックバック(0)