『教育とITで企業の経営を革新』
駿台グループのITラーニング専門企業 SATT (エスエイティーティー) が明日をサポートします。

2016年05月30日

ニゴロの呪縛

開発部だより 第315回


今年すでに蚊に3回刺されました、開発部ジッパーです。

みなさん、“ニゴロ”ってご存じですよね。
そう、コンピュータ界でいうキリのいい数字、“”(通称“ニゴロ”)。

  1バイト = 8ビット = 2進数で256通り 

ってなわけでコンピュータに関する様々な制限に256の数字がでてきます。
カラー256色、SSD256GBなどなど。

当然、私が主に携わっているメインフレームの世界でも
二ゴロ様がどどーんと立ちはだかることが多いわけですが、
先日、このニゴロ呪縛のせいでトラブル対応に四苦八苦する事態が・・・。

あるシステムでDBの空き容量不足でデータが追加登録できないというトラブル発生。
当然、空き容量が十分にあることは定期的に確認していたので
なぜそんな急にいっぱいに!?と焦る私。
情報リストを出力して確認してみると、やっぱり容量の空きは一杯ある。
ではなぜ容量不足エラーが!?

リストの端っこに、これまでの容量の増分取得回数が表示されていたので
念の為数えてみる。えーと・・・123

 『123? ピンとこない数字だな。 256 じゃないし。』

そう思って華麗にスルーし他の原因を探る。
でもやはりコレだという原因が見つからない。

こんな感じでしばらくワーワーやっている間に、
上司が原点に返って分厚いマニュアルを読みあさっていると、
そこにひっそりと書かれた衝撃の一文を発見!

 『エクステント数の上限は123とする。』

コイツかーーッ!!となって急いで増分を調整、DB再編成して解決となりました。

なんで123・・・と恨み節の一つでも言いたくなるところですが、
(おそらくこれも7ビットでいくつか他で使ってという数字なのか...)
システムはニゴロが全て”と思い込んでいた自分に猛反省
マニュアルはきちんと読みましょう。

学び〜と』、6月1日いよいよサービス開始です
お問い合わせはこちらまで〜。
posted by ジッパー at 15:39
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年05月24日

教育ITソリューションEXPO 無事終了

先週の18日〜20日の三日間、東京ビッグサイトで開催されました教育ITソリューションEXPO 2016が無事終了いたしました。
IMG_7096.JPG

EXPOの来場者数も昨年比で10%増とのことでしたが、SATTブースにもたくさんのお客様にお越しいただき、ありがとうございました。
この場を借りてあらためてお礼申し上げます。

SATTブースでは、以下の製品サービスを紹介しました。
(1)校務システム「賢者」 小中高向けの校務支援
(2)新LMS「学び〜と」  SATT第四世代の学習管理システム
(3)駿台サテネット21 動画とテストのラインナップ

IMG_7117.JPG
「学び〜と」は6月1日よりリリースするクラウド型のLMSサービスで、いままでeラーニングを導入していなかった企業や学校でも簡単に利用できる事を目指しています。
2か月間の無償トライアルもリリースと合わせてご利用いただけるのでぜひお試しください。
「学び〜と」のサイトはこちら

来月には東京国際フォーラムで開催されるラーニングテクノロジー2016でもリリースされた「学び〜と」をご紹介しますのでこちらもご来場をお待ちしています。
posted by Dario at 15:00
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)

EDIX番外編

開発部だより 第314回



真夏日⁉開発部pinkです。

先週18日(水)〜20日(金)の3日間、ビッグサイトで開催された
「教育ITソリューションEXPO(EDIX)」に出展いたしました。

pinkも、初日の18日(水)、お手伝いに行って参りました!

pinkは午後からのお手伝いでしたので、
13:00前ぐらいにゆりかもめで「国際展示場正門」に到着
(ゆりかもめでは、なるべく先頭に乗るpinkです)。

どれどれ、どんな方がEDIXにいらっしゃるのだろうと
まわりを見てみると…


とてもおしゃれなお嬢さんがたくさんいらっしゃるではないですか

ビッグサイトは広いですから、当然EDIX以外の展示会も開催されているわけです。
それは、分かっています。それにしても、何でこんなにおしゃれ???


それは

「Beautyworld Japan」
ビューティビジネス業界最大の見本市

だそうです。

同じ東棟で開催されておりました。
ちなみに「Beautyworld Japan」の開催は15日(月)〜18日(水)でしたので、
かぶったのは1日だけでした。


…と、EDIX番外編でございました。
本編は、他のメンバーのブログでどうぞ。


営業です。↓
http://satt.jp/
posted by 開発部pink at 10:19
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年05月23日

コミュニケーションについて学んだ日

こんにちは ミッシェルです。

早いもので5月も下旬。じわじわと汗ばむ季節になりました。
いよいよ郊外で活動する時は水分や紫外線に注意が必要になりましたね。

さて、こんな季節ではありますが、
東京都美術館で5月24日まで開催の「若冲展」に行って参りました。
私は若冲大好き人間でして、
若冲展があると聞けば東西南北、どの地方にも足を運びます。
今回は近場の東京で一生のうちに何度目にすることができるかわからないような
大変貴重な「動植綵絵」30幅にお目見えできるとあって、
「まあ、なんて嬉しいこと」ときらきら心ときめかせて出かけて参りました。
若冲展について気になった人は若冲展特設サイトへこちら 

そして「動植綵絵」30幅はもちろん素晴らしかったのですが、
今回驚いたのは、若冲のその人気ぶり。

入場まで連日数時間待ちは当たり前。
もっとも混んだ日は、320分待ち=5時間半!?という恐ろしい状態だそうで。
(ネットニュースにもなっていました)
(本当に5時間半も並んだ人、いるのかな?私だったらぶっ倒れてしまうでしょう・・・)

とはいえ、かくいう私もチケット売り場に30分並び、入場を待つ列には約2時間並んだので
トータル2時間半並んだことになります!(←5時間は無理!2時間が限界っす、先輩。)

さてさて、ここから本題。
今回はこの2時間半の間に学んだことをお伝えいたします。

私が行ったのは平日でもあったからでしょうか。
お並びになっている人たちは、こぞって高齢の方でした。
(どういう状態かというと私が若者として認識されている?ちょっと目立っている??
 という状態です!うきゃっ)

わざわざ平日を選んだのは、まだ空いている方だろうと思ったわけで、
よって誰も誘わず1人、大人しく並んでいました。
暇なので、スマホをいじったり音楽聞いたり、または立ったままPCで作業をしたり・・・
もしていました。

ところが、ふと周りを見渡すと「え?スマホやPCを触っているのは私一人だけだわ!」
高齢の方々は皆、仲良くわいわいがやがや・・・
1人で来ている人も結構いらっしゃったのですが、始めて会った者同士でも
仲良く話をされていました。

ええ?これって、もしもアンダー50才くらいの人々が同じ状況だったら
寡黙にスマホをいじっている人だらけになるのでは?と容易に想像ができました。

そうか、世代によってこんなに違うんだなあ〜アンダー50才とオーバー60才。
コミュニケーション上手は一体どちらなのだろう?
スマホどころか携帯もない時代を生きてきた高齢者の方々は、
生のコミュニケーションをよしとする(というか、それしか知らないのかも
しれないですが)
本当は、それこそが最良のコミュニケーションなのでしょうね。
そこにいる人々が皆一様に下を向き、スマホばかりいじっている姿はある意味滑稽です。
コミュニケーション上手な高齢の方たちに囲まれて、
なんだかホッと暖かい気持ちになりました。


ただし・・・ここからは絵を見ている時の話でして・・・
皆さん親しい人と仲良く思ったことを全部口にして大きな声で表現されるので、
『梅花群鶴図』の素晴らしい美しさに「ああ〜」とうっとり浸り見入っている時に

隣の老夫婦
「あ、これは丹頂鶴だな。」
「え?丹頂鶴?なんでわかるの?」
「頭が赤くて尾羽が黒いのが特徴」
「ふ〜ん、なるほどね、丹頂鶴かあ。はあ〜」
「そうそう。じゃあ次に行こうか」

こんな会話を大きな声でされていると気になって気が散って仕方ない。
「おいおい、もう行くんかい!?
 何時間も並んで、ほんとうに絵を見に来たんかい??
 図鑑じゃあないんですよ〜。
 それよりも、この筆ぶり、大胆な色使い、細密な描画、絶妙な構図、
 そういうとこ、見て頂戴!!」
っ叫びたくなってしまいました。
まあ、どう思おうが観る人の自由ではありますがね。
心の中でこそっと思うとか、一緒にいる人とはナイショ話くらいの声の大きさ
で会話してくれればいいのにな〜とちょっと思った次第であります。

で、今日の結論。
コミュニケーションが豊かなことは良いことですが、
時と場所を選んだほうが

いいの

かも?!
posted by michel at 20:02
エンターテインメント | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年05月19日

教育ITソリューションEXPO(EDIX)に出展中!

最近、歩きすぎると脛が痛くなる魔女ッ娘です。
何で脛なのか…謎すぎます…💨

さてさて。
SATTでは18〜20日の3日間、東京国際展示場(ビッグサイト)で開催されている
【教育ITソリューションEXPO(EDIX)】
に出展しています

会場では、先日プレスリリースを出しました
次世代のLMS「学び〜と」
だけでなく、アルプ株式会社の
小・中・高校向けの学校教務事務システム「賢者」
もご覧いただけます。

IMG_2612.JPGIMG_2647.JPG

また、本日19日13:30〜は会場で無料セミナーも行います

お時間のある方は是非、弊社ブースにお立ち寄りくださいね💕
コマ番号は「学校業務支援ゾーン」 17−31です。
posted by 魔女ッ娘 at 12:28
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年05月09日

SATTの新しい学習管理システム「学び〜と」まもなくデビュー

本日、SATTの新しいeラーニングのクラウドサービス「学び〜と」のプレスリリースをおこないました。
SATTでは、2003年にオープンソースLMS「Attain2」を公開してから4世代目のLMSのリリースとなります。
10年以上の年月を経て、よりシンプルにわかり易く多くの方々に利用してもらえるサービスを目指し、

動画を手軽に
教材を簡単に
学習を軽快に

eラーニングの学習をより身近に活用するために「ビートを刻むようにリズミカルに学べる!」をキーワードに
「学び〜と」(manabeat)という名前になりました。

サービスのリリースは6月1日(水)から開始します。
ぜひ新しいLMSを体感してみてください。

5月18日(水)〜 5月20日(金)東京ビッグサイトにて開催される「第7回教育ITソリューションEXPO(EDIX)」に出展し、そこで一足先に「学び〜と」を紹介しますので、ぜひSATT のブース(コマ番号 17-31)までお立ち寄りください。

プレスリリースについてはこちら

「学び〜と」のサイトはこちら

図1.jpg
posted by Dario at 22:17
LMS | コメント(0) | トラックバック(0)

菫・すみれ・スミレ

開発部だより 第313回


皆様、GWは如何に過ごされたでしょうか?

私は、相も変わらずで、田舎に帰りました。

北陸新幹線が開通して以来、残念な事に、最寄り駅に留まる頻度が減ってしまい、ちょっと残念です。

上田の駅より、上田城を突っ切って帰ったのですが、今年は、NHK「真田丸」の影響で、
街中が観光地のような雰囲気でした。(もともと観光地か)

ざっと見ると、やや観光地としてのキャパが足りないような気が・・・。

リピーター大丈夫かな?

毎年この時期は、お花見も兼ねて、裏の山(1,000m級)に登りますが、今年は、山に自生しているスミレをチェックしてみようと思いました。

去年の今ごろから、すみれを育ててみたいという欲望に駆られて、花の終わったスミレを購入し、採れた種をベランダの鉢にたくさん蒔いておいたところ、今年になって花が咲いてくれましたので、裏山のスミレが、俄然、気になり始めていました。

さて、登山道の入り口です。

「今年の4月、熊が出没したので注意」との看板、体長1メートルとの事です。

小ちゃ!月の輪か。

登り始めますと、すみれがわんさか咲いています。

メインはタチツボスミレという種類で、薄いブルーです。ちょいと湿り気のある場所が、好きらしいです。

注意して見ますと、色は、白、ピンク、スミレ色。

葉っぱの形で区別すると、心臓の形、剣型、産毛が生えているものとか、多様です。

素人目では、5種類が見つかりました。

正式名称は、図鑑でチェック中です。

何事も、見ようとしないとで気が付かないで見過ごしてしまいます。

SATTにおきましては、eラーニングに関わります、各種のスキル向上の為、無料セミナーをご用意しております。

是非、奮ってご参加の程を。
posted by ハイタカ at 16:27
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年04月21日

世の中スマホだらけ

開発部だより 第312回



世の中どこを見てもスマホだらけ。
こんにちは、葉っぱのぽおるです。

仕事でwebページをスマホでも見られるようする作業を行っていて
ふと気づいた「世の中どこを見てもスマホだらけ」外でも内でも。

「スマホでもできるようになりました」
「スマホをかざすだけで」
など最近よく聞くようになりましたね。

「世の中どこを見てもスマホだらけ」だなと特に通勤中の電車内でよく感じます。
若い人から50代と思われるひとまで。
一車両にスマホをいじってない人のほうが少ないんじゃないのかと思うぐらい皆さんスマホをいじっています。
ためしに、長椅子の端から端までとその前にいる、つり革に掴まっている人を数えましたが
スマホをいじっている人のほうが多かったですね。
たまにこのスマホの現状少し異様なのでは、と思ったり思わなかったり。

あと最近気になったのが、楽しげに会話をしていて
例 A「昨日のアレめっちゃ楽しかった、また行きたいわ(笑)」
  B「でしょ〜だからいったじゃん!一度やるとはまるんだって!おっじゃあ来週いこうか!」
  A「来週か、じゃあ午後からにしよう、楽しみだわ〜!」
  B「よし、じゃあ来週な!」
  ---------------------------間-----------------------------
  --------------------------沈黙----------------------------
  ---------------------------間-----------------------------
  Aおもむろにスマホを取り出しいじりだす・・・・
  Bおもむろにスマホを取り出しいじりだす・・・・
  --------------------------沈黙----------------------------
  ------------------沈黙沈黙沈黙沈黙------------------------

  ???「目標完全に沈黙しました・・・」

会話が途切れるとスマホを取り出すのはいったいなぜ?
この場面を見かけることが少なくないです。


これから先はwebサイトしかり、いろんなものがスマホ対応必須になるんだろうな〜と
(もうなっているんでは・・・)

ガラケー歴8年目は思いました。
(まぁぁ〜壊れない、液晶もバリバリにならない)




では最後にお約束のものを

スマホ対応した商品SATTにもあるんです。
posted by 葉っぱのぽおる at 10:56
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年04月18日

就活生、応援中!

開発部だより 第311回



こんにちは。8prinzです。

マイケル先輩も書かれておりますが、

私、8prinzもSATTの新卒採用説明会で業務の紹介などをさせて頂いております。

数年前に入社した自分が採用の説明をしていると思うと何だか不思議です。

自分が就活生のころは就職氷河期でしたので、兎にも角にも必死でした。

行きたい企業の説明会の予約開始時刻に合わせて、予約ボタンを連打したり、

どうしても行きたい企業には本社へ突撃したことも。

そんな自分に比べると、今の学生さんはすごく落ち着かれているなという印象です。

説明の最中も集中してメモなどをされてますし、質問も鋭く、こっちがあたふたしてます笑

この時期ですと、合同説明会や大手企業の説明会への参加が集中しそうな気がしますが、

その中でSATTへ来てくれる学生さんがいるということは本当にありがたいことだなと思います。

微力ではありますが、自分もしっかりSATTの魅力を伝えられるように努力していきたいと思います。
posted by 8prinz at 15:53
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)

就職活動は大変!? SATTに新卒入社するということ

皆さんこんにちは!マイケルです。
今SATTでは新卒採用活動を行っておりまして…マイケルも17卒採用の会社説明会を担当する時があります。

僕もその昔、就職活動をしましたが、新卒の時って右も左も分からないですよね。
業界研究や企業研究…その前に自分がどんな仕事をしたいのか、もっと言うと、就職そのもの、社員として働くってどういうことかさえピンとこない。
就活の頃ってそんなものじゃないでしょうか。

嬉しいことに、僕たち駿台グループ、SATT株式会社の会社説明会にも、多くの新卒の学生さんにご参加頂いています。
僕の下手な説明にも、一生懸命メモを取り、頷きながら聞いてくれる皆さんの顔を見ていると、こちら側も元気やエネルギーをもらっているような気がします。

そして、新卒の学生さんの純粋なまなざしを見ていると、ふと思います。
「うちの会社ってどこが魅力的なんだろう」と。
もちろん自分の会社ですから、愛情もありますし、どの会社よりも良い会社だと思っています。
ですが「具体的に、どこが他の会社より優れているのか」と問われると、その答えに一瞬窮してしまうところもあります。
なぜなら、新卒の学生さんは、日本の名だたる有名企業や一部上場企業とSATTを比較しているのですから^^;
SATTより社員の多い会社、売上の多い会社、給与の高い会社もたくさんありますし、IT業界だけに限ってみても多くの有名企業がありますので、その中でSATTを選んでもらうというのは非常にスケールの大きな話です。
また、新卒の皆さんと接しながら「みんな、就活で何が不安なんだろう」と考えることも多いです。

IT業界の中でも、僕たちSATTが扱う「eラーニング」は少し特殊かも知れません。
ITは常に技術研鑽を求められる世界で、eラーニングシステムも、もちろん裏側では高度な処理が行われていますが、eラーニングの導入は、技術側面だけでは成功には至りません。
なぜならeラーニングは、システムであり技術体系であると同時に「教育」だからです。
僕たちは「いかに人に教えるべきか」を常に考える必要があります。
色々なIT企業や大手メーカーが、eラーニングに関連するサービスを提供していますが、それでも多くの企業や学校、官公庁が「SATTのeラーニング」を選んでくれるのは、僕たちが教育集団だからかもしれません。
駿台予備校や駿河台大学のような、巨大な「教育組織」をバックボーンに持つLMSベンダーは、SATTだけです。
そういったオンリーワンの誇りが、皆さんの不安を払拭し、入社後の自信につながるようであれば嬉しいです。


ここで一つ、リアルな口コミをお伝えしようと思います。
もし皆さんが「激しい競争の中に身を置きたい」「少しでも早く成長したい」「ハードワークの中で自分を鍛えたい」と思う方なら、SATTはもしかしたら合わないかもしれません。
SATTは、社員を無理に争わせ、選別することを良しとしませんし、若手社員には時間をかけて力をつけていって欲しいと思って教育しています。
また社員の約7割が、0〜30時間の残業の中で業務を行っており、業務後の部活動や趣味に熱心な社員も多くいます。
今 残念ながら、大企業の中でも競争原理の名のもとに過重労働やハラスメントが行われている実態を、報道でよく耳にします。
しかし駿台、SATTはこれを是としません。

僕たち駿台グループは「愛情教育」という教育理念を持っています。
これは、創立者 山ア寿春が提唱したもので、現在に至るまで駿台の全活動の基盤となっています。
SATTも、一人も欠けることなく、全員で大きな成果を上げることを目指しています。
そんな組織に共感してくれて、仲間になってくれるのであれば、何も心配せず飛び込んできてくれればと思います。
(おかげ様でここ5年以上、新卒社員は一人も退職せず日々着実に成長してくれています^^)


就活中は、肉体的にも精神的にも疲労が大きく、迷ったり悩んだりすることもたくさんあると思います。
ですが、その全てが皆さんの糧となり、未来の力になると思います。
皆さんの就活が実りの多いものになることを祈っています。頑張れ、就活生!


 ※SATTの教育支援 コンサルティングについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください
   http://satt.jp/service/consulting.htm
posted by マイケル at 13:03
採用 | コメント(0) | トラックバック(0)