『教育とITで企業の経営を革新』
駿台グループのITラーニング専門企業 SATT (エスエイティーティー) が明日をサポートします。

2019年08月20日

SATT、全国展開しています!

今年の台風はハンパないですね!
この場を借りて、このたびの台風により、被害を受けられた皆様に心からお見舞い申し上げます。
8月6日の台風8号(フランシスコ)が猛威を振るうさ中、宮崎での株式譲渡契約のため、朝一便の羽田空港⇒宮崎空港で飛ぶ予定が欠航となり、羽田空港⇒福岡空港⇒宮崎空港へと振り替え、宮崎滞在2時間で戻ってきましたベフです。

弊社エスエイティーティー株式会社グループもいよいよ全国展開となって参りました。
今までオフショアの開発拠点としてのヤンゴン支社ミャンマーに、
またグループ会社アルプ株式会社沖縄事業所は有しておりましたが、
今年に入り2月に大阪のSATT west株式会社(旧三協システム開発株式会社)の全株式を取得
4月には札幌事業所の開設
6月には大阪事業所を開設し、
今月、宮崎の株式会社アイ・ティ・コンサルティングの全株式を取得したことにより、新たに宮崎にも拠点を設けることができました。
そして、来月には福岡事業所も新たに開設する予定です。

これにより、これまで東京本社の一点から全国のお客様への販売活動、保守・メンテナンスを行ってきたものが、徐々にではありますが、全国規模のネットワークにてフォローさせていただくことが可能になりました。

お披露目の意味も込めて、7月18、19日には札幌コンベンションセンターで開催されたデジタルイノベーション札幌に出展させていただき、沢山のご来場者様との有効な面談をさせていただきました。
また、来月9月25〜27日までインテックス大阪で開催される【関西】教育ITソリューションEXPOにも出展させていただき、関西のお客様にも数多くご面談させていただければ幸いです。

加えて10月13日には、初の試みとしてこれまで東京本社内のm-Schoolにて開催しているeラーニングに関するセミナーを、大阪でも開催させていただく予定です。

弊社エスエイティーティー株式会社グループも、全国展開により、より身近に感じていただき、お気軽にお声掛け、ご相談を受けられるよう、これまで以上にカスタマー・ファーストの精神で皆様のお役に立てるグループを目指して参りますので、今後ともよろしくお願いします。

satt-map_201908.png

【東京】
 ・エスエイティーティー株式会社 本社
   東京都千代田区神田三崎町1−3−12 水道橋ビル8階
 ・アルプ株式会社 本社
   東京都千代田区平河町1−2−10 平河町第一生命ビル
 ・SATT AI ラボ株式会社
   東京都千代田区神田三崎町1−3−12 水道橋ビル5階

【大阪】
 ・SATT west株式会社
   大阪市西区九条南1−2−20 ドーム前いずみビル4階
 ・エスエイティーティー株式会社 大阪事業所
   大阪市西区九条南1−2−20 ドーム前いずみビル4階
 ・アルプ株式会社 大阪営業所
   大阪市西区江戸堀1−2−11 大同生命南館

【北海道】
 ・エスエイティーティー株式会社 札幌事業所
   札幌市北区北9条西4−10−3 ガレリア7階

【宮崎】
 ・株式会社アイ・ティ・コンサルティング
   宮崎市吉村町平田2986−2

【沖縄】
 ・アルプ株式会社 沖縄事業所
   那覇市松山1−1−14 那覇共同ビル

【ミャンマー】
 ・エスエイティーティー株式会社 ヤンゴン支社
   No.(2E), 3rd Floor, Tower A, Royal Sin Min Condo, Corner of Kannar Road and
Ahlone Road, Ahlone Township, Yangon, Myanmar
posted by ベフ at 16:19
ニュース・教育トピックス | コメント(0)
2019年08月09日

ColdFusionのシェア

開発部だより 第411回


こんにちは!
暑い日が続き、ついついビールを飲み過ぎ気味のijです。

自分が携わっている製品、案件では
ColdFusionで開発をしているシステムが比較的多く、
一例をあげますと、弊社製品のスキル管理システム受講管理システムなども
ColdFusionで開発しています。

やはり、日々の開発で使用頻度の高い言語についてはシェアが気になるもので
自分も定期的に確認しています。

どうやって確認しているかというと、
オーストラリアのQ-Success社が公表しているW3techsのデータで、
インターネットにあるサイト上にて、サーバーサイドで使用されている開発言語のシェアが確認できます。

W3techs:
Usage of server-side programming languages for websites

この記事を執筆時点(2019年8月9日)のTOP10はこんな感じになっています。
シェアが高い順に

  1. PHP(79.1%)

  2. ASP.NET(11.0%)

  3. Java(3.9%)

  4. Ruby(2.6%)

  5. static files(2.0%)

  6. Scala(1.4%)

  7. Python(1.2%)

  8. JavaScript(0.7%)

  9. ColdFusion(0.5%)

  10. Perl(0.3%)

※上記はhttps://w3techs.comから引用

おお、ColdFusionがPerlをおさえて、堂々の9位です!

このデータは毎日更新されているということなので、ご興味のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

それではまた!
うおっと、こんなColdFusionで開発されているSATT Smart Styleも、どうぞよろしくおねがいします!


posted by ij at 16:27
開発部だより | コメント(0)
2019年08月06日

無料セミナーのお知らせ!

こんにちは!ルーキーです。

今回はeラーニングの導入や、LMS(学習管理システム)『学び〜と』の運営手法など、SATTが開催しております、各種無料セミナーについてご紹介をさせていただきます。

eラーニングの導入を検討し始めたものの、
「そもそもeラーニングを導入するとどういうメリットがあるの?」
「eラーニングを導入するには何を用意すればよいの?」
「eラーニングを導入する際に検討すべきポイントは?」
など、何から始めてどういう点をポイントに比較・検討を進めるべきか、最初の一歩が見えないという方には、eラーニングの基本からその検討のポイントまでを分かりやすく解説する、「初めてのeラーニング導入セミナー」を!

LMS(学習管理システム)とは、実際どのようなことが出来るのか、
「実際にどんなものかイメージが付かない・・・」
「実際の画面に触ってみたい!」
「どのように運用するのがベストなのか!」
など、導入の仕方や運用方法を知りたい方には、実際に弊社のLMS(学習管理システム)『学び〜と』の画面を操作しながら体験していただく「学び〜とハンズオンセミナー」を!

また、各セミナー終了後には、参加自由の個別相談会も実施しておりますので、ぜひお気軽にお越しください。

セミナーのお申し込みはこちらから
posted by ルーキー at 09:34
イベント・セミナー | コメント(0)
2019年08月05日

医療系大学 教育支援システム(ESS)のご紹介♪


みなさまはじめまして。初投稿です。
「☆ミ」(ほし)と申します。
ブログ用のニックネームがなかなか思いつかず、勢いだけでこの名前にしてみました。
実はほんの少しだけ後悔してたり。

さて、私は現在医療系大学向け教育支援システム【ESS】を担当しております。

医療系大学の学内試験問題作成から試験の実施、国家試験対策・共用試験(CBT)対策に特化した教育支援システムです。

私も学生の頃にIT系の国家試験を受けた事があるので、
こんなシステムがあの頃あったら良かったなあ〜としみじみ思います。
※学校で印刷した過去問を自宅で頑張って解いていたのが懐かしい・・・


モバイル版では、自宅はもちろん移動等のちょっとした隙間時間で
国家試験の過去問や授業の復習がスマートフォンで手軽に出来るのがスバラシイです♪

**************************************************

 ESSの概要や特長は下記サイトでご覧いただけます。
 https://satt.jp/product/ess/index.htm

**************************************************

 ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください♪
  
posted by ☆ミ at 17:09
医療系大学 教育支援システム(ESS) | コメント(0)
2019年07月26日

業務の効率化をする為に、いろいろな手法やツールを使ってみる事にした

開発部だより 第410回



久しぶりの投稿となりました。
開発部のたっくんです。

ここ最近、働き方改革だ!とかよく耳にしますが、なかなか思うようにいかないのが現実ですよね。
そうは言って、取り組まない事には改善はあり得ませんので、身近な所からコツコツと(笑)

以前、時間を有効活用する方法として、段取り力を高めるセミナーを受講した事があり、そのセミナーで、忙しくても、朝一で一日のスケジュールの組み立てを行うと言うのがあり、実践するようにしています。


そして、作業の抜け漏れを減らすように、自分の作業をRedmine(プロジェクト管理が出来るシステム)を使って、見えるかもしている。
朝リストアップした作業一覧とRedmineで、前日までに終わっている作業のステータスを更新する時間を取るようにしています。
実は、この時間が重要だったりします


しかし最近なぜか作業が進まない。
朝立てたスケジュールが消し込めていない・・・

なぜ?自己分析・・・をしてみた。

「差し込みの仕事が多い」

何か漠然と細々した作業が多い事に気づいた。
また、最近お客様からの突発的な問合せも多い気がする。

でも、日々の忙しさで、具体的に何にどれだけの時間を取られているか、思い出せない

隣にいた同僚が、Togglというサービスを進めてくれた。
Togglとはタイムトラッキングサービスだった。
そこで自分がどんな作業に時間を使っているのか調べてみる事をした。

時間管理が苦手な人にもおすすめ!「Toggl」の使い方まとめ。チームの状況把握にも活用!

これは、まだ始めたばかりなので、どれくらいの効果が出るか未知数だけど、社内の工数管理の為に毎日の作業実績を記録する必要があるので、その作業軽減に役立つ良いメモになるのではないかと期待している。
効果のほどは、いつか報告出来たらいいなと思っている。

3日坊主にならないように、まず1週間続けて見る事にする。

今日は、もう遅いので、このくらいにしておこう〜
ではでは
posted by たっくん at 19:53
開発部だより | コメント(0)
2019年07月23日

ESS無料トライアルのおすすめ!

こんにちは。
医療系大学向け教育支援システム【ESS】担当営業のblueです。
今回はESSの無料トライアルについてご案内します。

数年前からESSをご検討のお客様に無料トライアルをおすすめしています。
教員と学生の皆様に数か月間に渡り、実際にシステムをご利用いただくことで、安心してご契約いただけます。
昨年は、3大学が無料トライアルから正式契約となりました。
今年は、既に現在6大学がお申込みいただいています。

国家試験対策、CBT対策システムのご導入・リプレイスを検討の際は、無料トライアルでESSのすばらしさをご体験ください。

【無料トライアルの概要】
・最大3か月間無料でご利用いただけます。(有料で月単位の延長も可能:要相談)
・ESSの教員機能、学習機能ともにすべて利用できます。
・登録人数(利用者数)については、事前に申請いただきます。
・申請日から約10日ほどで利用開始できます。
・トライアル期間に登録したデータやコンテンツは、本契約時にもそのまま移行して利用できます。

【お申込み方法】
・メールにて、下記の必要項目を記載の上、お申し込みください。
・メール送付先:ess@satt.jp
・必要項目
 @大学名
 A担当者(所属部署/役職/氏名)
 B電話番号
 C希望開始日&利用期間
 Dご利用になりたいシステム名を下記より選択:複数可
 (薬学版/歯学版/管理栄養士版/理学療法士版/作業療法士版)
posted by blue at 14:10
医療系大学 教育支援システム(ESS) | コメント(0)
2019年07月22日

理解の3タイプ、あなたはどのタイプ?

こんにちは。「SSS(SATT Smart Style)」開発担当の牛丼です。


昔受講したセミナーで、ためになる話があったのでご紹介します。


人の理解の仕方には「what」「why」「how」の3タイプがあるそうです。


例えば、上司に企画書を提出することを想像して下さい。


「ピンとこない」「実例ある?」と"イメージ"を聞いてくる上司は「what」型です。
「目的は?」「どういう経緯で?」と"過去"を聞いてくる上司は「why」型です。
「予算ある?」「今後のスケジュールは?」と"未来"を聞いてくる上司は「how」型です。


how」型の上司は、企画をどのように進めていくのか知りたいのに、
why」型の部下は、企画ができた経緯や目的を説明してしまう……。


このように、理解のタイプが異なると、コミュニケーションの齟齬が起こってしまいます。
自分の話を理解してもらうためには、この3タイプ全てに対応した伝え方が必要という話でした。



では試しに、最近私が開発している「受講管理システム」の紹介を3タイプでやってみますね。



What:受講管理システムとは?

受講管理システムは「SSS(SATT Smart Style)」の中の1つで、
eラーニング+集合研修をまとめて管理できるシステムです。
受講管理システムを導入すると、eラーニング&集合研修の管理にかかる手間が大幅に削減できます。
※「受講管理システム」についてもっと知りたい方はこちら



Why:受講管理システム導入の目的

LMSではeラーニング(ICT教育)の管理しかできない……。
そんなお客様のご要望に応えて開発したWebシステムです。
LMSとの違いは、
eラーニングのみでなく、集合研修の管理や、資格の管理が可能な点です。
また、既存の機能だけでなく、お客様ごとにカスタマイズが可能です。
※「LMS」についてもっと知りたい方はこちら
※「eラーニング」についてもっと知りたい方はこちら



How:受講管理システムを導入するには?

まずはお問い合わせフォームからお問い合わせください。
「こういう機能が欲しいんだけど……。」という場合もカスタマイズが可能です。
ぜひお気軽にご相談ください。



ちなみに、受講管理システムに載せるeラーニングのコンテンツは、
弊社教材制作ツール「smart TLEC 3」「smart QUTE 3」を使えば、
解説教材はPowerPoint、練習問題はExcelで作成していただくことが可能です。



資料や教材を作るとき、3タイプどの人でも理解できるよう、意識して作ると効果的かもしれませんね。



ちなみに私は「what」型でした。
あなたはどのタイプでしたか?
posted by 牛丼 at 14:10
受講管理・資格管理システム(3S) | コメント(0)
2019年07月19日

デジタルイノベーション2019 札幌 2日目(最終日) イベントレポート

デジタルイノベーション2019 札幌 最終日です。

20190719_di_01.jpg

20190719_di_02.jpg


昨日もかなり賑わいのあったSATTブースですが、本日も大盛況のようです。
たくさんの方にお越しいただき、ありがとうございます!


SATTでは、eラーニングの導入や運用などについての無料セミナーを実施しています。

学び〜と導入セミナー【解説編】
eラーニングってなにをすればよいの?初めての「eラーニング」導入セミナー

2019年8月2日(金) 16:00〜

学び〜と導入セミナー【体験編】
教材作成から配信準備まで体験しよう!『学び〜と』ハンズオンセミナー

2019年9月6日(金) 15:30〜

セミナーのお申込みはこちらから。

どちらも、会場は東京・水道橋のSATTです。
地図はこちらから。
みなさまのご参加、お待ちしております!

また、eラーニングについてのお悩みや疑問点、学び〜となどについてのご相談も随時承っています。
お問い合わせはこちらから。
posted by 開発部Black at 15:25
イベント・セミナー | コメント(0)
2019年07月18日

本日より開催!デジタルイノベーション2019 札幌

本日より札幌コンベンションセンターで開催されている
「デジタルイノベーション2019 札幌」に、SATT初出展しています!

20190718_di_01.jpg

20190718_di_02.jpg


テーマは「働き方改革」「学び方改革」の答えがココに!

働き方改革に対する取り組みとして、
・学校・企業向け学習管理システム「学び〜と
・eラーニング教材作成ツール smartシリーズ
 (smart PREO 3smart QUTE 3smart TLEC 3smart アンケート
・医療系大学向け教育システム「ESS
・学校教務支援システム「賢者
をご紹介しています。

ぜひ、SATTブースにお越しください!


日程:2019年7月18日(木)〜19日(金)[2日間]
開催時間:10:30〜17:30
会場:札幌コンベンションセンター
SATTブース コマ番号:学校業務支援ゾーン 224

SATTの出展概要詳細については、こちらから。

posted by 開発部Black at 16:41
イベント・セミナー | コメント(0)
2019年07月15日

第112回歯科医師国家試験コンテンツリリース

こんにちは。cupiです。
先日、ESS(歯学版)で第112回歯科医師国家試験コンテンツを解説付きでリリースしました。
モバイル版でも間もなくリリース予定です。

第112回歯科医師国家試験が実施されたのは今年2月初旬。
毎年この時期にコンテンツをリリースできると少し肩の荷が下ります。

ユーザーの皆様をお待たせするのは大変心苦しく、なるべく早い時期にリリースしたいのですが、すべての問題に解説をつけてリリースするとなると、どうしても数か月かかってしまいます。
1日でも早くお届けするべく、これからも努力していきます。

今後、第104回薬剤師国家試験をはじめとして、管理栄養士、理学療法士、作業療法士、歯科衛生士、歯科技工士の各国家試験コンテンツも順次リリースします。
お楽しみに!

ご興味をお持ちいただいた方、ESS は無料でトライアルできます。
お気軽にお問い合わせくださいませ♪
posted by cupi at 19:37
医療系大学 教育支援システム(ESS) | コメント(0)