『教育とITで企業の経営を革新』
駿台グループのITラーニング専門企業 SATT (エスエイティーティー) が明日をサポートします。

2018年08月16日

「eラーニング導入」について無料で勉強しちゃいましょう

開発部だより 第398回


はじめまして。SATTのDoctorWhoと申します。

DoctorWhoとは、知る人ぞ知るイギリスの冒険ドラマの主人公の名前です。
ドラマでは、ダーレクという宇宙最大の脅威の生物が登場しますが、そのチープさに大笑いしました。

皆様はどのようなドラマがお好みでしょうか。

さて、皆様の中には、マイクロソフトオフィス製品を使って作られたシステムをお使いの方がいらっしゃると思います。

ところが3年おきくらいのペースでマイクロソフトオフィスの製品がバージョンアップされ、そのうちにサポートが切れてしまいますと、メールが来て心配になるわけです。

あわてて、システムを作成した会社に問い合わせると、新しいバージョンに合わせて改造しますよと言われて、費用はこれこれになりますと、見積書が届きます。

めでたし、めでたしで、けっして間違っていません。

他の考え方としては、マイクロソフトオフィス製品を使わずにシステムを作るという方法です。

私はマイクロソフトオフィス製品で作成されたシステムをMySQLやPHPを使ったシステムに置き換える作業を担当しています。

毎回のバージョンアップでお困りの際は、サポート切れというダーレクを退治するSATTのDoctorWhoにご相談ください。

今回のブログタイトルについて、
8月24日(金)に”はじめの一歩”として「eラーニング導入」についての無料で勉強できるセミナーを実施します。これを見逃す手はありません。

私が学生時代にeラーニングがあれば、現在とは異なった人生をおくっていることでしょう。
posted by DoctorWho at 16:46
開発部だより | コメント(0)
2018年08月08日

新入社員が教える!「最新の大学教育」3つ♪

はじめまして!新入社員のナツメグです。
私は、この春SATTに新卒入社しまして、現在は、新人デザイナーとして日々奮闘しております!

そんな私ですが、大学時代には、新しい教育方法を取り入れた大学に通っていて、面白い授業をたくさん受けていました。
そこで、今回のブログでは、私の経験を元にしながら、最近の大学で行われている教育方法について、紹介したいと思います。

(1)文系理系の区分はもう古い?「学際型学部」


最近、「学際型」「文理融合型」などと呼ばれる学部が、相次いで誕生していることをご存知ですか?学際型学部とは、その名の通り、幅広い学問を学際的に学べる学部のこと。文理区分や学問の区分を超えて、自由に学べる空間を提供しています。

【POINT】学際型学部では、多角的な視点を持った人材育成をしている
 学際型学部のねらいは、ずばり、多角的な視野で思考できる人材を育成すること。と言うのも、変化の激しい今の社会には、1つ学問からの視点ではなく、様々な分野の視点から問題を捉え、解決に導くことのできる人間が必要なのだそうです。こうした背景から、学際型学部を新設する大学が増えているのですね。

ちなみに、私のいた学部も、この学際型学部でした。専攻は、教育心理学でしたが、そこにテクノロジーの観点も取り入れて学んだことが、「教育×IT」の担い手であるSATTへの入社につながっています♪

(2)大学でも導入! 話題の「アクティブラーニング型授業」


次に紹介するのは、昨今、教育業界で注目を集めている「アクティブラーニング」。生徒が受け身にならず、能動的に学ぶことができるようサポートされた授業方法のことですよね。

このアクティブラーニングも、最近の大学教育の中でもバッチリ取り入れられていました。具体的には、私の所属していた大学だと、ディスカッションやグループワークなどなど。他の大学では、地域へのボランティア活動を授業で行うといった取り組みもあるようです。

【POINT】「単位が取りやすそう」から「授業が面白い」で履修をする人、続出!
アクティブラーニング型の授業を受けた私の感想は、とにかく「面白い!楽しい!」ということ。周りの友人も、感想は同じだったようで、いつもは「楽そう」「単位が取りやすそう」という理由で履修を決めていた学生も、アクティブラーニング型の授業に関しては「授業が面白い」を理由に履修を決めていたほどでした。

(3)社会人を疑似体験!チームで課題に挑む「プロジェクト型授業」


最後に紹介するのは、プロジェクト型授業です。こちらもアクティブラーニング型授業に該当しますが、特徴的なのは、「社会人の仕事を疑似体験できる」というところ。プロジェクト型授業では、(大学によって差はありますが、概ね)、学生がチームになり、役割分担を決め、計画を立て、与えられた課題の解決に挑みます。

【POINT】ITツールを使った授業で、社会人に憧れを抱くように!
私もプロジェクト型授業を受けましたが、授業を通して「働くのって楽しそうだな〜!」と感じることができました!学校で用意されたITツールを使い、かっこいい社会人気分を味わえたことも、働くことへの憧れにつながったのかなと思います。

ITを大学教育に導入するなら!大学教育でも使える「学び〜と」や「Smart シリーズ」がおすすめです☆


私が受けた、新しい大学教育について紹介してみました。いかがでしたか?
ちなみに、SATTが提供している「学び〜と」「Smart シリーズ」は、実は、大学教育の現場でも多く利用していただいています。

ITの導入で、大学教育をより良くしたいとお考えの方は、ぜひSATTまで、ご相談ください(^o^)/
posted by ナツメグ at 16:58
ニュース・教育トピックス | コメント(0)
2018年08月07日

 効果的なのは「聞く」と「見る」!?― eラーニング教材と音声について―

こんにちは 営業のミッシェルです。

本日は、音声を使った教材作成について少々お話したいと思います。

最近 eラーニング教材は、音声を使った方がいいのか否か?という問題に直面しまして、
ケースバイケースであり、一概にこちらだ!とは断定できないのですが
自分なりに調べて考えてみました

個人的、予想的、感覚的、経験的には、「そりゃあ 音や絵があった方がいいでしょう?」と思っていますが
ここでは、定量的なデータはないのか?を調べてみようと思います。


まず「モダリティ効果」という言葉をご存知でしょうか。
「読むより聞く、聞くより見るの方が記憶に残りやすい」というもので、
The Journal of General Psychologyという雑誌で2009年に紹介されたものだそうです。

この「モダリティ効果」については、
何名もの方が論文を発表されているらしいので、興味がある方は是非論文を読んでみてください。
(ここではあまり詳しくは述べません)


また、情報の伝達量と記憶度のデータでは
通常1分間に「読む」文字数は1,000字程度、「見る」は約2倍の2,000字分の情報を処理すると言われています。
そして、一説には「聞く」と「見る」両方を使って説明を受けると、2時間後でも60%の情報が記憶されているといるという情報があります。
(言葉だけだと10%程度、図だけだと20%程度ですので、如何に両方があっての場合の効果が高いかがわかりますね。)
※某WEBサイトからの引用ですので学術的にどうであるかはここでは追及しません。あしからず。


となると・・・
eラーニング教材の話に戻りますが
やはり文章だけの教材よりも、音声や図などがあった方が記憶に残りやすい、効果的なものになるという(私の)感覚的、経験的主張はかなり正しいということになります。

しかし、eラーニング教材に音声を使うことは、少々敷居が高く感じられている方もいらっしゃいませんか?
自分で(自社で)音声を録音すると雑音だらけで使えない、棒読みでつまらなくなってしまったなんていう経験をした方もいるかもしれません。
幸い!?SATTには雑音対策バッチリの録音専用ルームがございますし、プロのナレーターをオーダーできますので、心地よい素敵な声で読んでいただけます。
嬉しいことに ご利用になった皆さんには喜んでいただいています。
SATT録音ルームについてはクリックしてください。

また、昨今は、合成音声も優秀になり、人の声と聞き間違えるくらいの精度が高いものもあります。
もちろん高精度のものは費用もそれなりになりますが、無料の範囲でも使えなくはないレベルのものもあります。
よってお客様ご自身で合成音声を使っての教材作成も可能になりました。


ここでまた1つ疑問が。
では、合成音声ソフトを使うのと人による録音、どちらが効率的なの?

何度か合成音声ソフトを使ってみた経験から申し上げますと
録音する分量が膨大であるなら合成音声を使ってもいいかもしれません。

合成音声ソフトは、はじめのうちは、思ったようなイントネーションで読んでくれない言葉を漢字にしてみたり カタカナにしてみたり 半角あけてみたり・・・結構手間がかかります。
使っているうちに よく使う言葉を辞書登録などしたり、ソフトの癖などを理解していくと作業効率は上がるでしょう。

一方、実際の録音は、1日のうちでは長時間になればなるほど効率が悪くなっていき、1日に処理できる分量に限界もあります。
しかし人による録音は、希望通りの速度で読んでもらえ、イントネーションもすぐに修正してもらえますし、
SATTの方ですべて作業は行いますので お客様にとっては、ストレスが少なく楽であるということになります。


どちらを利用するのか?は、ご予算と求めるレベルに依ります。
もしも迷われているのなら、ご相談をお受けして、最適な形を提案することも可能です。
どうぞお気兼ねなくご連絡下さい。

お問い合わせはこちらのフォーム か info@satt.jp へ
posted by michel at 10:52
教材作成サポート | コメント(1)
2018年08月03日

COBOL豆知識

開発部だより 第397回



はじめまして。クローバーです。

元号改正に向けて関係各所がそわそわし始める今日この頃、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

この際、和暦を全て西暦に変えてしまえぃ!
という企業様も多いかと思います。

かく言う私も西暦化プロジェクトに参画しております。
開発言語はCOBOL85

ある暑い夏の日の午後、プログラマーさんから
アポストロフィ(シングルクォーテーション)ってどう定義すれば良いの?
って聞かれて答えに窮しました。

そう、西暦の2018年を略して'18年とか表現する際に使う
アポストロフィってヤツです。

'''(アポストロフィをアポストロフィで囲む)ではコンパイルエラーになるし・・・。
さて困った困った。

大先輩のOさんに伺ったところ、
以下の様に定義すれば良いことが分かりました。

QUOTE または '''' と記述することにより1桁のアポストロフィと見做されます。
ちなみに、'X''Y' は3桁の文字列 X'Y と見做されるそうです。

う〜ん。勉強になりました。



話は全く変わりますが、プライベートの話題も少しだけ。

我が家の中学一年生の息子がLINEで友人を
中傷する様なやりとりをしていたのが分かりました。
本人は冗談半分のつもりだったみたいなのですが、
学校でもちょっと問題になってしまい親として結構ヘコみました。
(相手方のご理解もあり無事に収束に向かってますが・・・)

問題が発覚した当日、教師も妻も厳しく指導してくれたお陰で、
私は冷静に息子の話を聞く役に徹することができました。

話を聞いてみると彼には彼の言い分がきちんとあったことが分かりました。

事の重大さからすると取るに足らない言い分だったのかも知れませんが、
ちゃんと納得できる内容でもあり、
頭ごなしに叱りつけることをせずに本当に良かったと思っています。

皆さんにお伝えしたかったのは、
どんな時でも冷静に相手の話を聞くって大事!
ってことです。

仕事でもプライベートでも、所謂“パワハラ”は起こりえます。
気を付けましょうね。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

SATTにはCOBOL技術者も数多く在籍しております。
COBOL開発でお困りの際は、是非ご相談下さい。

posted by クローバー at 08:58
開発部だより | コメント(0)
2018年07月27日

JavaScriptでwindow.externalを使用してC#と通信するものをTypeScriptで書いてみる

開発部だより 第396回


TypeScriptでもJavaScriptと同じで、

と書けばC#のhoge();を呼ぶ事が出来ます。
しかし上の画像のように静的チェックでエラーが出てしまいます。
hoge();はC#に自分で追加した関数なので、TSからすれば「そんな関数は知らない」のでエラーになるのはまあ当り前です。

そこでこれがエラーにならないようにwindow.externalにhoge();メソッドを追加します。

TSはwindow.externalまで認識できるので、externalにinterfaceでメソッドを追加してあげれば良いわけです。方法はwindowオブジェクトに直接メソッドを追加するのと同じです。

これでエラーが無くなり、めでたしめでたし。
としたかったのですがtslintの標準設定ではinterfaceは大文字の「I」から始めないとエラーになります。「IExternal」などとするわけにもいかず、そこはルールを変更するしかないのか悔しいです。

ですがmoduleに入っている場合は良い方法があります。

これならばtslintも含めてエラー無しに出来ます。


Window.FormとJavaScriptの連携は、SATT smart教材作成ツールではクイックメニューで現在も使用してします。
今後これを更に使いやすいものにするため努力しております。
posted by 開発部OliveDrab at 18:23
開発部だより | コメント(0)
2018年07月24日

8月の無料セミナーは8/24(金)&8/31(金)です!

どーもMSKです!
フランスの2回目の優勝で幕を引いたWorld Cup 2018も終わり、
ようやくまともに睡眠が取れると思ったら、とんでもない酷暑です。。。
我が家にはネコもいるので、エアコンをかけっぱなしです!

さて、今月はラーニングイノベーション2018の出展のおかげもあり、
ブースにお越し頂いたお客さまを中心に、当社セミナーにご参加頂けました。

次回は、下記日程で開催予定となっています。
場所はいつもどおり当社運営のm-School@水道橋です。

2018年8月24日(金)16:00〜17:30
 学び〜と導入セミナー【解説編】
  eラーニングってなにをすればよいの?初めての「eラーニング」導入セミナー
  初めてのeラーニング導入に必要なものは?LMSって? はじめの一歩からご紹介します。
   http://satt.jp/seminar/manabeat1.htm  

2018年8月31日(金)15:30〜17:30
 学び〜と導入セミナー【体験編】
  教材作成から配信準備まで体験しよう!『学び〜と』ハンズオンセミナー
  学び〜とを使ったeラーニング導入方法が体験できます。
   http://satt.jp/seminar/manabeat2.htm


お盆過ぎの開催となりますので、少しは暑さもやわらぐといいのですが。。。
皆様のご参加お申込み、お待ちしております。
お申込みは次のURLからどうぞ! ⇒ https://satt.jp/signup/seminar/


それではMSKでした〜!
posted by MSK at 11:28
イベント・セミナー | コメント(0)
2018年07月10日

TLS1.0の無効化について

開発部だより 第395回



こんにちは。システム管理のサエコ先生です。
今日は巷で騒がれている(いた?)TLS1.0の無効化について記事を書きたいと思います。

さてTLS1.0は脆弱だから無効化しようという世界の流れは既に止められません。
何故廃止するのか、無効化する方法については調べれば記事が山のように出てくるのでそちらに任せたいと思います。

参考)
SSL/TLS 1.0 はいつまでに無効化しなければならないか?

では何を記事にするかですが、サーバーのTLS1.0を無効化した場合、各ブラウザの影響について書きたいと思います。
サーバー側でTLS1.0を無効化すると当然ながらTLS1.1、1.2をサポートしないブラウザは
サーバーへの接続が出来なくなり、こんな画面が表示されるようになります。
無題.png

最新のブラウザを利用していればまず問題ありませんが、古いバージョンのブラウザでは
TLS1.1、TLS1.2をサポートしておらず、サーバーに接続が出来ない場合があります。

各ブラウザのTLS1.1、TLS1.2がサポート状況についてはWikipediaの下記ページが非常に詳しいです。
Template:ウェブブラウザにおけるTLS/SSLの対応状況の変化

上記サイトは情報量が多すぎてみるのが大変ですので、簡単にまとめてみました。

無題2.png

それでは良きTLS1.1、TLS1.2ライフを!
posted by 冴子先生 at 09:49
開発部だより | コメント(0)
2018年07月09日

『ラーニングイノベーション2018』へのご来場有難うございました!

みなさまはじめまして!
グランジロックとピカレスクロマンをこよなく愛する遊です!

最近、ブログ初投稿者が続いておりますが
私も初投稿となります

私は子会社のアルプへ3年弱の間出向しておりまして
今年4月にSATTへ帰任したばかりです。

帰任直後は浦島太郎状態でしたが、
3か月が経ち、ようやく社内にも仕事にも慣れてきた所です。

どうぞ宜しくお願いします。


ところで、去る7月4日〜6日、東京国際フォーラムにて
ラーニングイノベーション2018が開催され、私も説明員としてブースに立っておりました。

弊社ブースには連日沢山のお客様に足をお運び頂き、この場を借りてお礼申し上げます。

ご来場、誠にありがとうございました。

ブースでは、学び〜とのデモンストレーションを中心に
SATTの新ソリューション SATT Smart Style【通称:3s】も、お披露目しました!

特に『スキル管理システム』については連日大好評!デモ機はフル稼働状態でした!


P7051064.JPG
この『スキル管理システム』は
社員のスキルや知識情報を一元化する事により、戦略的な人材配置や足りないスキルを補う為の計画的な人材育成、本人のキャリアプランの策定やモチベーション向上に役立ちます。
ご提供はASPもしくは自社サーバー利用となり、各種カスタマイズにも対応しております。




P7051088.JPG
セミナーも大盛況で立見が出ました
お忙しい中、参加して下さった皆様には
心よりお礼申し上げます








お時間の都合で、ご来場頂けなかった方!
もっと詳細を聞きたい方!

その他、学びに関するご相談が御座いましたら、是非お気軽にお問合せください


また、今月も学び〜と無料セミナー実施しております!

こちらもどうぞ宜しくお願いします
posted by at 09:45
ニュース・教育トピックス | コメント(0)
2018年07月06日

よく見る単語"null"

開発部だより 第394回


こんにちは。初投稿です。
皆さんは"null"という単語を目にする機会はあるでしょうか。

私が最初に目にしたのは学生時代で、数学や物理で目にしました。
主に、統計では
null hypothesis: 帰無仮説

物理・数学では
null vector (light-like vector):
ミンコフスキー空間において、ノルムが0になるベクトルで、0ベクトルではないもの
(相対論で出てきます)

などで使われます。

数学ではもう少し細かく言うと
ベクトル空間Xにおいて二次形式 p:X×X→R が定義されていて、
Xの元xで、p(x,x)=0を満たす非零元
をnull vectorと呼んでいます。
ミンコフスキー空間云々はこの一例です。


この単語ですが、システム関連の仕事を始めてからはよく目にします。

例えばQUTEなどの教材作成ツールでよく用いられているExcelでは、
何も値の入っていないセルに対してNULLが使われます。

これ以外にもいろいろな所に出てきます。
"null"とは一体なんぞや、、、
ということで、辞書を引いてみました。

OALD(Oxford Advanced Learner's Dictionary)によると
null :adj. (technical)having the value zero
とあります。

「0」やら「何もない」やらが関係しているんだろうなぁ。
でも結果・・・よくわからない。

posted by petite voiture at 20:56
開発部だより | コメント(0)
2018年06月29日

水道橋で長野を味わう『海山和酒 なるたか』 〜水道橋・神保町情報〜

SATTのある、水道橋・神保町情報についてご紹介します。
今回は『海山和酒 なるたか』さんです。

『なるたか』さんは、長野の食材とお酒に特化したお店です。
信州産の鹿肉のロースト、信州サーモンのカルパッチョ、野沢菜の天ぷらなど、現地の食材にこだわった一品。
刺身はさすがに別のところから調達しているのでしょうが、メニューは充実しています。

なによりここは、長野の日本酒が充実しています。
(ここを上回るのは四谷三丁目の『日がさ雨がさ』さんしかないでしょう。)
大信州、川中島、豊香、本金、九郎右衛門、黒松仙醸など、メジャーな銘柄から東京ではあまりお目にかからないモノまで、幅広いラインナップが楽しめます。

ドリンクメニューはほかにもありますが、この店では日本酒を頼むべきでしょう。
個人的には日本酒がメインで、料理はあて程度で楽しんでいます。
和田龍登水の美山錦はやさしい味に衝撃を受けましたね。
表現はヘンですが、この酒を言葉で表すなら「やさしい」がぴったりです。

『海山和酒 なるたか』さんのぐるなびページ


さて次は、忙しくて飲みにいけないし、料理を作る暇もないという人のために簡単な作り置き料理を紹介します。

ブロッコリーとマッシュルームのオイル蒸し焼き

【材料】
ブロッコリー 一株
マッシュルーム 15〜20個

オリーブオイル 大さじ4〜5
塩 小さじ1弱
ブラックペッパー

ブロッコリーは小房に分ける。(少し大きめに)
オリーブオイルをフライパンで熱し、ブロッコリーとマッシュルームを投入。
全体に油が回ったら、塩を投入し、なじませる。

弱火にして、ふたをして蒸し焼きにする。
5分程度で、強火にして、ブラックペッパーを「これでもか」というくらいふる。⇒できあがり

タッパに入れ、冷蔵庫に保存すれば、1週間程度はもちます。
食べたい分だけ、お皿に盛り、レンジでチンしていいし、そのままでもOK。

で、これに合うのは「インドの青鬼」一択。

【注意】
火の通しすぎには注意してください。へにゃへにゃになると食感が失われ、まずくなります。
オリーブオイルは多少増やしても構いませんが、増やしすぎると「もこみち」という別の料理になります。

関東地方は梅雨が明けました。今年は暑くなりそうです。
適度な酒とテキトー(いろいろ)な料理で夏バテを防ぎましょう。
posted by 水道橋メディア放送 at 17:50
水道橋ランチ | コメント(0)