『教育とITで企業の経営を革新』
駿台グループのITラーニング専門企業 SATT (エスエイティーティー) が明日をサポートします。

2016年02月09日

ColdFusion 2016

開発部だより 第304回


こんにちは!
ijです。

AdobeのColdFusionチームのBlogで、

2016年3月9日にワシントンD.C.で開催されるColdFusionのカンファレンスの告知がされているのですが、

その中で、

「今年の前半にリリースされるColdFusionの最新バージョン、ColdFusion 2016の情報をお届けするよ」

的な一文がありました。

掲載されているアジェンダ内でも

「New Features in ColdFusion 2016」
「Security Enhancements in ColdFusion 2016」

のように記載されているので、次期のColdFusionの製品名は

「ColdFusion 12」ではなく「ColdFusion 2016」になるようです。

そういえば、Macromedia時代のFlash等の製品も、
名前の一部に西暦が含まれた時期がありましたね

例:
「Flash MX」

「Flash MX 2004」

「Flash 8」

個人的には、バージョンがわかり易いし、字面もなんとなく見栄えが良いので、
西暦ではなく番号の方が好みです

Adobe ColdFusion Blog: Adobe ColdFusion Government Summit Washington, D.C. March 9th

それではまた

うおっと、そんなColdFusionのベストパートナー、SATTの学習管理システム(LMS)smart FORCE(スマートフォース)もよろしくお願いします(3か月ぶり13回目)
posted by ij at 09:28
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年02月08日

続けていく理由

みなさんこんにちは!マイケルです!

いきなりですが皆さん、プロ野球は見ますか?
マイケルは野球が大好きです。

今は2月で、開幕までまだ2か月近くありますが、
プロ野球選手たちは今それぞれのキャンプ地で、シーズンに備えて
厳しい練習をしています。

子供の頃からの夢を叶えた選手たち。
小さい頃から毎日野球をやっていても、プロ野球選手になれる選手は一握り。
プロになる選手たちは、やはりとてつもないスポーツの才能を
持った人たちばかりなんでしょうか。

もちろん、才能豊かな人達が多いのは確かでしょう。
ですが、元阪神の名投手下柳 剛さんがおっしゃっていた言葉を聞くと、
良い意味で少し考え方が変わるかもしれません。

下柳さんは、本人曰く、小さい頃からそんなに目立つ野球選手では
無かったとのことです。
少なくとも、常に彼より評価され注目される選手が、アマチュア時代は大勢いたようです。
そんな彼がなせプロ野球選手になり、さらに競争の激しいプロの世界でも
リーグの中心選手として活躍するまでになったのでしょうか。

彼は、子供たち向けに行った講演でこのようなことを言っています。
「野球にしろなんにしろ、自分の好きなことを『辞める理由』を探さずに
『続けていく理由』を探して頑張ってほしい」

彼の野球人生で、彼より才能豊かな選手は回りにたくさんいました。
しかしその多くはプロ野球選手にならず、別の道へ進むことになりました。
プロの道に進めなかった彼らは、センスが無いから、甲子園に出れなかったから、
肘が痛いから、とそれぞれの『辞める理由』で諦めていきました。
けど下柳さんは違いました。彼は続ける理由を常に探していました。
センスは無いけど根性はあるから、甲子園には出れなかったけど社会人野球で頑張れば、
肘は痛いけどフォームを変えれば……野球を続けられるかもしれない。
「何とかして少しでも長く野球を続けたい」その気持ちが下柳さんの中で失われることはありませんでした。

人は弱い生き物ですから、結果が出ない中で努力を続けることが
苦しく感じる時もあります。
苦しいと辞めたくなって、何かその理由づけをしたくなります。
ですが、本当に成功したいなら、努力を続ける頑張る為の工夫をして、
真の実力をつけなければいけないのかも知れません。
もちろん簡単なことではありませんが…。

私達SATTが手掛けるeラーニングも「努力を続けるための工夫」の一つになればいいなと願っています。
少しでも受講者の「頑張る気持ち」に応える為に、今日も私たちはシステムに向き合っていきます。


eラーニングに関するご相談はこちら

http://satt.jp/company/contact.htm
posted by マイケル at 11:09
ニュース | トラックバック(0)
2016年02月02日

働き方を考える

開発部だより 第303回


今週の健康診断を前に生活習慣改善キャンペーン実施中の開発部ジッパーです。
今年こそ肝臓の数値を下げるぞー

さて、生活習慣を見直すにあたって
結構重要になってくるのが仕事との兼ね合い
 
 ◇ 運動したい           ⇒ 忙しくて時間ないしなぁ
 ◇ 不規則な食事時間を直したい   ⇒ 残業あったりするとねぇ・・・
 ◇ 病気を予防したい        ⇒ 満員電車乗ってたら防げるわけないでしょー
 ◇ ストレスフリーな毎日を送りたい ⇒ 夢物語

と、まあ社会人にありがちな言い訳で生活習慣の改善が
全く実現されないわけであります。(やる気がないとも言う)

もうちょっと余裕のある働き方ができたらなぁと考えていた時に、
上司のすすめで某IT企業の女性セミナーに参加しました。

そこで同じテーブルに座ったITウーマンたちとワークライフバランスについて
話していると出てくるのが、以下IT職業あるある。

 ● 定時はないものと思え
 ● 平日と休日の境目が見えない
 ● 子供ができると辞めざるを得ない etc...

やはりみなさん仕事とプライベートの両立には苦労されているようです。

ただし明るい希望が見えるご意見も。
参加者の中には、社員それぞれにあった働き方ができるよう
会社が“テレワーク”を導入していたり、
社内のどこでも作業ができるよう“フリーアドレス”を
検討しているという方がいらっしゃいました。

これらを実際に導入するには懸念点が多々あり
凝り固まった日本社会の中では敬遠されがちですが、
とりあえずやってみようと挑戦するという姿勢は素晴らしいなと個人的には思います。

みんながプライベートや健康を犠牲にせず、
それぞれが働きやすい働き方を選択できるような時代が
くると良いですね(遠い目・・・)

SATTには、毎朝8階のオフィスまでの階段を昇って出勤するなど、
生活改善と仕事を両立しようと日々頑張っている社員がたくさんいます(笑)!

みなさんも自分の働き方を今一度見つめなおしてみてはいかがですか?
posted by ジッパー at 11:18
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年01月27日

ToDoリストはストレスリスト?

最近寒いですね。

朝、なかなか起きられない。
やることが沢山あるのになかなか手が着かない。
目の前のタスクがどうしても片付けられない。

この課題は永遠の様な気がします。
若いとき?は何とか体力と気力でこなしてきた気がしましたが、
最近、どうもなかなか難しくなってきたみたいに感じてきました。

心や身体と反して意識的に(頑張って)対応することは、なかなかストレスが溜まるものです。
これを無意識にしていくことで、楽になっていくのではないかと考えました。

体内時計って良く聞きますよね。
90分の1単位として睡眠の波の活用して、朝起きたい時間から逆算して寝るようにすると
最近、目覚ましをつけずに起きられるようになりました。
ぱちりと目を冷ますと丁度のタイミングなので、自分も驚く程です。
そして後一歩、布団の外に出る事が難易度の高いハードルなので、
これを下げるため、目覚めに合わせて部屋を暖めておくと、
すんなりスタートが切れるのです。

しかしこの一番の課題は朝起きることではなく、実はきちんと夜寝る方なのです。
テレビやスマフォやお酒、、なかなか誘惑が多い夜ですが、
特にお酒が入るとこの体内時計が狂うので、大好きなお酒も平日はなるべく控えることも、
ちょっと課題です。

この体内時計、ダイエットにも関係するんですって。
起きてから14時間(若い人は16時間、平均15時間)後、身体が眠くなるホルモンが
出てきますが、この時間以降の食事は身体が脂肪をため込みやすくなるのです。
最近、ちょっとだけ気にしてみてます。


昨年末に、厚生労働省から「ストレスチェック制度」が義務化されましたね。
マイナンバーに続き総務はかなりご立腹でしたが、法制度かされるぐらい
社会的な問題になっているという事でしょうか。

「〜しなければならない」は、社会活動していくためには必要な事ですが、
これがじわじわとストレスに繋がってくるように感じます。

ToDoリストを書いて、それを消していく。

簡単なことでも、どうしても進められないことがあります。
解ってるけどなかなか。
もっと身近な事で考えてみると、片付けなどはいかがでしょう。
見えてるけど、手が付かない。。
“やるきスイッチ”はなかなか入らないものですよね。
「自分のため」の作業はどうにでもなってしまう為、特にです。

しかし、仕事の場合はそういうわけにはいきませんね。
人は誰かのためを思うことで、動けるものだと誰かが言っていました。
仕事も、お客様のために「喜んでいただく」とか「必要としている」と置換してみると
少しは意識が変わるのではないかと思います。

と、少しずつ頭を置換しながら、試行錯誤中です。
・・なかなかそう簡単にはいきませんけどね。

しかし「しなければならい」が溜まると無意識にストレスが溜まって行くことは確かです。
ToDoは「やることリスト」ですが、「しなければならないタスク」ではないリストとして、
さらりとこなして行けるようなると、良いですね。


posted by まっくす at 08:12
エンターテインメント | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年01月26日

ある雪の日

開発部だより 第302回



お寒うございます。開発部pinkです。

本日、同じグループのメンバーが「犬も散歩を嫌がる」寒さのところへ出張しております。


さて、先週18日(月)の朝は、みなさま出勤に苦労されたのではないでしょうか。


開発部pinkも超苦労しました。

開発部pinkは最寄駅までバスを利用しています。
歩くとお天気が良くても40分強かかります。

もちろん、18日はすごーく早く家を出たのです!
うちのバス停からは、たまに始発もあるのです!
車庫にバスは居るのです!
なんで、バス来ないの〜!!!

…結局、1時間バスが来ないという哀しいこととなりました。
加えて、電車も途中で止まり、通常時の倍以上の時間をかけ、出勤いたしました。


バスを待っているとき、雨と思いきや、身体に当たると痛いので、
これは霙(みぞれ)?霰(あられ)?どっちがどっちだっけ?と思い、
教えて、Google先生。

雨と雪が混ざってると霙。
霰とは氷粒で、直径5mmを超えると雹(ひょう)と呼ぶ。

…結局、何が降っていたのでしょうね?

ちなみに、バスを待っていた場所が電線の真下だったので、たまに集中豪雪もありました。


また、雪降るんでしょうかね?
みなさま、お気を付けくださいませ。


営業です。↓
http://satt.jp/
posted by 開発部pink at 09:44
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年01月12日

「墨」と「スミ」の話で思い至ったこと

どーもMSKです!

遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます!
昨年の夏に激ヤセいたしまして、久しぶりに会うお客様から
こぞって心配されておりましたので、目標3キロ増をめざし、
食っちゃ寝三昧のお正月を過ごしました。
(結果は目標には1キロ届かず、2キロ増でしたが。。。)


もちろん食っちゃ寝だけではありません。
二人の娘が小学校5年生と4年生となりまして、
冬休みの課題として「書初め」に取組みました。

私自身も久しぶりに筆を持ったのですが、
娘二人も普段とは違う課題に真剣に取り組み
納得がいくまで何枚も書いていました。


その後、ご褒美ではないのですが、
クリスマスプレゼントとして手に入れた
Nintendo Wii Uの「Splatoon」をプレイしました。

ご存じの方も多いと思うのですが、
「Splatoon」は、「イカ」を模したキャラクターを操作し、
装備した武器(ウェポン)で、敵より多くの陣地を
「スミ」で塗りたくるゲームですね。
(娘には一度も勝てませんでした。。。)

書初めで「墨」を塗りたくったあとに、
またイカで「スミ」を塗るんかい、っと
心の中でツッコミをいれつる、
いわゆるデジタルネイティブ世代の
今後の生活、学習方法に感慨を受けた次第です。


後輩の受け売りですが、ある県の教育現場では、
先生がタブレットを使用した授業を行う中で、
メモを紙に書いていたのを見た小学生の生徒が
「先生、タブレットがあるのになんで紙にメモしてるの?」
と、質問したそうです。

eラーニングという教育ソリューションを提供する身としても、
子供達だけでなく、生涯学習としても、10年後、20年後の
「ICT教育とは何か」という観点で、今後を見据えたいと思います。


なにはともわれ、本年も何卒、よろしく御願い致します!

MSKでした〜!!
posted by MSK at 14:28
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年01月09日

真田丸。発進!

開発部だより 第301回


少し遅れましたが、皆様、本年も宜しくお願い致します。

さて、私は、信州上田の産でありまして、今年は大河ドラマの舞台となります。

という訳で、今回は、お許しを戴いて、少しローカルなお話をさせて戴きます。

正月に里帰りしましたところ、街中は、その話題でにぎやかでした。

観光客も、もうそれなりに増えているように見受けられました。

上田城までの道のりとして、駅より北西の坂道をゆるりと上って行く事となります。

私は、家に帰る時には、城内をいつも横切ります。

お堀なども残っていて、小さいときは、ここでスケートなどもできたのですが、今は氷も張らなくなってしまいました。

今年は市民会館も新しくなっていまして、NHKの真田丸再現!とかの幟が立っていました。

その昔、千曲川(信濃川)は南城壁の真下にあり、自然の防壁となっていたのですが、今では新幹線が通っており、その先に微かにしか見え無い程、遠くなってしまいました。

北に目を向けますと、正面に太郎山(ベタな名前です)、右手に砥石があります、ドラマをご覧になれば、この名前が出てくるかも?

太郎山は春・夏に帰った時に私が登る山でして、春には、カタクリが咲き、ギフチョウも見られます。

さて、街中ですが、ご多分に漏れず、昔と比べますと寂れた雰囲気ですが、観光客をお待ちしている感が、ひしひしと伝わって来ました。

最後に、一番大事なお食事ですが、一般向けには「そば」という事となりますが、上田市民の間だけに通じます「焼きそば」がありますので、興味のある方は、話の種に御賞味の程を。

SATTにおきましても、eラーニングに関わります、各種のスキル向上の為、無料セミナーをご用意しております。

是非、皆様の御参加をお待ちしております。
posted by ハイタカ at 17:20
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年01月04日

2016年・年始のご挨拶

皆様、新年あけましておめでとうございます。

代表取締役社長・山畔 清明より年始のご挨拶をさせていただきます。


新年明けましておめでとうございます。
当社は、今年30周年を迎えることができました。
これもひとえに皆様方のご支援の賜物と心より感謝申しあげます。
創立30年を期に、更なる発展を目指し学校教務事務システム等を手掛けるアルプ社を傘下に収める事ができました。
SATTのeラーニングとアルプ社の学校教務システムを融合することで、これまでにはない取り組みが可能となりました。
また現在、新LMSの開発に着手し、「いつでもどこでも簡単に」をキーワードに最先端の技術を採用して開発を進めており、今まで以上に幅広いお客様にご満足をお届けできるよう取り組んでおります。
今後も社員一同一丸となってお客様に信頼されるための努力を続けていく所存です。
本年も引き続きご支援ご鞭撻の程お願いしまして、新年のご挨拶とさせていただきます。



平成28年 正月
エスエイティーティー株式会社 代表取締役社長 山畔 清明




posted by 魔女ッ娘 at 00:00
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
2015年12月24日

あなたのお家のサンタは何サンタ?

開発部だより 第300回


こんにちは、年末ジャンボを買い忘れた、はっぱのぽるです。

クリスマスですね(※12/24執筆)、どこもかしこも電飾とアベックだらけですね。
子供にとっては欲しい物がもらえる重要イベントですね。
世の中のパパサンタが大活躍する日でございます。
ばれない様にサンタの格好をしたりして、かわいい我が子の寝顔の横にそっとプレゼントを置くわけです。



私の家も子供のころはパパサンタでした



--------------------------------以下真面目なお話--------------------------------

さて今年、SATTでは様々な無料セミナーを多く開催させて頂きました。
お越し頂いた方々には、心より感謝申し上げます。


来年も精力的にセミナーを開催致しますので
ご参加いただけたら幸いでございます。

来年もSATTをどうぞよろしくお願い申し上げます!


-----------------------------------------------------------
■年末年始の休業期間のご案内

〔年末年始休業期間〕 12月30日(水)〜1月3日(日)
 新年は1月4日(月)より営業開始となります。
-----------------------------------------------------------
posted by 葉っぱのぽおる at 15:59
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2015年12月21日

2016年も宜しくお願い致します

開発部だより 第299回


こんにちは、8prinzです。
今年も残すところ数日となり、社内も師走らしい雰囲気を醸しております。
ありがたいことに、私も忙しい毎日を過ごしております。
出張、研修、プレゼン、開発業務など今月の内容の濃さは
社会人になって以来最強かと思います笑

中でも一番のビッグイベントはISMS更新審査でございます!
ISMS事務局のメンバーになって約2年、今年も諸先輩方にご指導頂きながら
様々な取り組みを講じてPDCAサイクルを回し、セキュリティ強化をして参りました。

とりわけ、「セキュリティ教育」に関してはこれでもか!というくらい力を入れました。
(力入れすぎ!という声もちらほら…苦笑)

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

審査でこうした取り組みを説明したところ、
審査員の方に「ここまでセキュリティ教育に取り組まれている企業は見たことない(゜o゜)」
という評価を頂くことが出来ました!(ドヤッ

こうした積み重ねがセキュリティ意識を高めることに繋がりますので、
来年も気を引き締めていきたいと思います!

来年はセキュリティ向上に力を入れようという方は是非こちらのセミナーを!!

少し早いですが、良いお年をお迎えください:)
posted by 8prinz at 09:24
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)