『教育とITで企業の経営を革新』
駿台グループのITラーニング専門企業 SATT (エスエイティーティー) が明日をサポートします。

2014年04月21日

新しいサンプルコンテンツを作りました

開発部だより 第235回


こんにちは。
桜の季節も終わり、今年も桜餅とお別れか…と悲しい気持ちの中、近所の伊勢屋さんではこの時期でも桜餅を販売していて嬉しい!開発部Blackです。

このたび、デモ用に新しくサンプルコンテンツを作成しました。
使ったツールは、弊社製品の「smart PREO(スマートプレオ)2」と「smart QUTE(スマートキュート)2」です。
※製品について、詳しくは
 「smart PREO 2」はこちら、「smart QUTE 2」についてはこちらをご覧ください。

最近流行りの「モバイルラーニング」対応コンテンツですので、パソコンだけでなくスマホやタブレットでも学習できます。
(smart PREO 2は、モバイル版はiPadのみ対応です)

制作の流れとしては、以下の通りです。
1.どんな内容にするか検討、シナリオを作成
 smart PREO 2で使用するPPTも作成しました。
2.素材の準備
 ビデオ撮影や音声の録音等、社内で作成しました。
3.素材を組み合わせてコンテンツを作成
 「smart PREO 2」でビデオ+プレゼン型の講義型教材を作成、そしてその解説をもとに「smart QUTE 2」でテスト問題を作成しました。

今回のサンプルコンテンツ作成に際して、これら全てを社内で行いました。
シナリオを作り、ナレーション収録をし、ビデオ撮影用の小物を揃えて動画の撮影をしました。
(チームメンバーの方々にお手伝いいただきました、感謝です!)
撮った動画の編集をしながら音声を組み込み、最終的にsmart PREO 2でコンテンツに仕上げます。
「こんなコンテンツを作ろう」と考えて、社内で録音・撮影できるのはとても便利でした!
※社内録音スタジオ・撮影ブースについて詳しくはこちら

その他、もっと手軽に学習するイメージで「smart TLEC(スマートトレック)」を使ったコンテンツも作成しています。
…とアピールしておきながら、このブログを書いている時点ではどちらもサイトにアップされていませんがあせあせ(飛び散る汗)
近々アップされるのでは(という希望ぴかぴか(新しい))。
まずは4月24日開催のsmart FORCE(スマートフォース)無料セミナーでご覧いただけるのではないかと思います。
※「学習管理システム「smart FORCE」が よくわかる無料セミナー」についてはこちら

コンテンツそのものの制作から素材の作成まで、eラーニング・モバイルラーニングのご相談も承っております。
※コンテンツ制作についてはこちら、その他お問い合わせはこちら
お気軽にどうぞ〜。
posted by 開発部Black at 13:58
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2014年04月16日

教育ITソリューションEXPO が2014年5月21日(水)〜23日(金)で開催されます

学校・教育関係者が来場する学校向けIT の EXPO(会場:東京ビッグサイト)です。
過去に、SATT も出展しており、今後の教育現場におけるIT の活用方法のヒントが数多く展示されております。

第5回 教育ITソリューションEXPO(EDIX エディックス)

事前登録を済ませれば、展示会招待券が届きます。

学校・教育関係者だけでなく、教育ベンダーとして、今の流行を知る為に行ってみるのも良い刺激になりますよ。わーい(嬉しい顔)
posted by たっくん at 11:33
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
2014年04月14日

マイクロソフトの本気度は?

開発部だより 第234回



どもども。お久しぶりです。
開発部リーダーです。

長かった冬も終わり、暖かい日が続いていますね晴れ
桜の時期もあっという間に終わってしまい、なんだか寂しい気もします。
ついでに花粉の季節も終わってくれると助かるんですがもうやだ〜(悲しい顔)

さて、4月になってから、個人的に気になる発表が二つありました。
どちらもマイクロソフトからなのですが、一つ目は「ID@Xbox」についての話題。
ID@Xboxとは、Xbox One向けのインディーズゲーム開発者に対する、マイクロソフトの支援プログラムのことです。
今回発表された内容は、本来有償である開発キットを無償で提供、さらにソフトだけではなく、開発用ハード(2台)も無償提供の大盤振る舞いexclamation×2
日本では、ほとんど空気と化しているXboxプラットフォームたらーっ(汗)なのですが、なにかマイクロソフトの意地のようなものを感じますね。

もう一つの話題は、Build 2014で発表された、9型未満のスクリーンを持つデバイスとIoT用のWindowsライセンスの無償提供。
タブレットやスマートフォンでは、iOSやアンドロイドと比べて完全に出遅れていたWindowsですが、形振り構わずシェアを奪いに来たというところでしょうか。
また、スマートフォン、タブレット、PCなど各プラットフォームでほぼ同じバイナリのソフトウェアが稼働するというUniversal Windows appsも推進していくとのこと。

これらの施策がいつ実を結ぶのか(はたまた結ばないのかあせあせ(飛び散る汗))はわかりませんが、マイクロソフトの動向には注目していきたいと思っています。
posted by 開発部リーダー at 22:54
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2014年04月08日

Project Eulerに挑戦

開発部だより 第233回



新年度がスタートしました

今年も新入社員が入社し、研修が始まっております。

番人もいよいよ3年目、駿台のシステム部門として技術者として、また教育者として成長していかなければなりません手(グー)

プログラミング力向上の一環として始めた「Project Euler」についてご紹介したいと思います
(問題1がネタバレとなりますがご了承ください。)


Project Eulerとはひらめき

数学やプログラミングなどに興味を持つ大人や学生が主な利用者であり、プログラミングによる一連の計算問題の解決を目的としたウェブサイトです
400以上の問題の他に毎週末毎に1問ずつ増えており、様々な難問が用意されているが、 一般的なスペックのパソコンで効率的なアルゴリズムを用いれば、いずれも1分未満で解けます。

今回はProblems 1を紹介いたします。

Problems 1

Multiples of 3 and 5

(原文)
If we list all the natural numbers below 10 that are multiples of 3 or 5, we get 3, 5, 6 and 9. The sum of these multiples is 23.

Find the sum of all the multiples of 3 or 5 below 1000.

(訳)
10未満の自然数で3または5の倍数は3,5,6,9です。これらの倍数の和は23になります。1,000未満で3または5の倍数の和を求めなさい。

数学的回答
自然数1〜999のうち3,5,15の倍数の個数は
3の倍数:999÷3=333   333個
5の倍数:999÷5=199.8  199個
5の倍数:999÷15=66.6   66個

よって求める解は
数列.png

狽利用しなければ小中学生でも解ける問題です

VB で解いてみました


  Public Function Prob1()
    Dim i As Integer = 999
    Dim s As Integer
    Dim sf As Integer

    While i > 0
      If (i Mod 3 = 0) Or (i Mod 5 = 0) Then
        System.Console.WriteLine(i)
        s = i
        sf = sf + s
      End If
      i = i - 1
    End While
    System.Console.WriteLine(vbCrLf & "Sum: " & sf)
    Return 0
  End Function

恒例の合同式の利用です手(チョキ)

ほかにもいろいろなロジックが考えられますので皆様もチャレンジして下さいひらめき

数学であれプログラミングであれ公式や理論の本質を理解しなければ意味がありません

駿台予備学校では「学問の本質を学ぶ」という創立時からの教育方針のもと、小手先の受験テクニックではない「本物の学力」を養成します。

同様に私たちSATTもプログラミングの本質を学び、技術者として、教育者として皆様にシステムのご提案をさせていただいております。
ぜひ教育ICTのご相談はSATTにお任せください手(グー)

S Sundai
A Advanced
T Teaching
T Technology

エスエイティー株式会社
http://satt.jp/
posted by 番人 at 16:48
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2014年04月02日

いよいよWindows XP のサポート切れが1週間前ですが、こちらも忘れていませんか?Office 2003!

演劇2014年4月9日 業務における大きな節目となる Xデー ですよ!

日本の企業で広く使われた Windows XP のサポートが切れる日ですので、セキュリティー問題が生じる可能性が大きいので、みなさん注意しましょう!

自分の PC が対象のOSでなかったとしても、基本的に、ネットワークに参加して作業を行う今日では、他のユーザーがセキュリティー対策(OSの切り替え)が出来ずに、外部攻撃の被害を受け、その影響を受ける事が予想できますので、十分注意しましょう!

あと、OSばかりに注目されがちですが、Office 2003 もサポートが切れますよ!あせあせ(飛び散る汗)

Office 製品は、非常に使用しているユーザーが多く、とりわけ、マクロ処理などが組み込まれている業務ファイルなどもありますので、こちらも注意しないといけません!
セキュリティー面での更新も大事ですが、マクロ処理などの場合、Office 製品のバージョンにより、動作が異なったりする場合がありますので、乗り換えた Office バージョンで正しく動作するか、確認する事も重要ですexclamation×2
posted by たっくん at 11:36
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
2014年04月01日

いまさらだけどOffice2010きほんの『き』!−ウィンドウ操作(その壱)編

みなさん、こんにちは
ビジネス系研修担当のきくちゃんです。

ご依頼いただくビジネス研修で一番が多いOffice研修。
そこで何となく使っているWordやExcel、Power Pointをちょこっと復習できる
あれやこれを“いまさら”ですがまとめてみるパンチという思いつき投稿、連載2回目です。

前回は画像編集機能の一部をご紹介しました〜。
いまさらだけどOffice2010きほんの『き』!−画像編集も怖くない!編
それっぽく編集ができちゃうので便利ですexclamation

今回ご紹介するのは便利なウィンドウ操作をご紹介するウィンドウ操作編(その壱)です。

エクセルのウィンドウだけを片手でポンポン切り替える!


お仕事柄ですが、研修を実施する際、その前後でeラーニングを活用したスキル診断を行い、
分析シートや報告書をオリジナルで作成する場合があります。
集計したアンケート結果をまとめて分析シートに含めたり、
とにかくエクセルファイルを何枚も開いて作業をするということが良くあります。

ここはあのブックから、こっちはこのブックから・・・と
複数のエクセルファイルをいったりきたりダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)
ノートPCだから全部のファイルを表示させると小さいし。。。ふらふら

そんな時は
『Ctrl』+『Tab』キー を使ってくださいexclamation×2
WS000002.JPG
『Ctrl』キーを押しながら『Tab』キーをポンポン!
エクセルウィンドウに限定して、
ウィンドウの切り替えがさくさくできちゃいまするんるんさくさく〜。
Cl.jpg

便利っぴかぴか(新しい)わーい(嬉しい顔)

ちなみに、アクティブウィンドウすべてを切り替えるのは、おなじみ
『Alt』+『Tab』キー です。
インターネットの画面とか、メール画面とかすべての画面が切り替えの対象になります。
WS000003.JPG
A.jpg

プレゼンなどで画面を切り替えるときはぜひこちらを使ってみてください。
「表示させる画面を探す」という動作もちょっとだけスマートに見えるがします。

サイズを自動調整して並べて表示できる「整列」


こちらは皆さんもよく使われている王道の機能ぴかぴか(新しい)ですね。
上記同様にエクセルファイルを複数開いて作業をしているとき、
「整列」機能を使えばサイズを自動調整して綺麗に並べて表示してくれます。

この「整列」には「並べて表示」、「上下に並べて表示」、
「左右に並べて表示」、「重ねて表示」の4種類があります。
ウィンドウの整列ダイアログ.jpg

ちなみに「並べて表示」と「左右に並べて表示」の違い
わかりますか?

かわいい「並べて表示」では
直前に選択されていたウィンドウ(アクティブウィンドウ)が左上に表示され、
その他は開いているウィンドウの数によってサイズが自動調整されて表示がされます。
かわいい「左右に並べて表示」では
アクティブウィンドウが左端に、右側にその他のウィンドウが均等に整列して表示されます。
並べて表示.jpg上下に並べて表示.jpg

左右に並べて表示.jpg重ねて表示.jpg

なので・・・開いているウィンドウが2つだけの場合は、
どちらを指定してもウィンドウが左右に並んで表示されますひらめき

こんな機能を知ってるだけで、
複数のエクセルファイルもさくさく〜っグッド(上向き矢印)と作業が進められますネパンチ

SATTの法人向けOffice研修では、
操作方法だけでなく、お客様のニーズにあわせて研修内容をカスタマイズしています。
SATTの法人向け研修サービスはこちらから
posted by きくちゃん at 18:43
連載:いまさらだけどOffice2010 | コメント(0) | トラックバック(0)

いまどきの新入社員研修

みなさん、こんにちは
ビジネス系研修担当のきくちゃんです。

今年も春が来て、新年度がスタート。フレッシュマンがやってきますね
毎年のことながら、初々しい姿と素直な立ち居振る舞いや受け答えに
「あ〜私ももっと見習わなきゃふらふら」と反省します。

さて、フレッシュマンを迎えたみなさまの企業では、
様々な研修が実施されていると思います。
SATTでも、隣接するm-Schoolの1教室2週間貸きりで
明日(2日)から研修がスタートします

仕事柄様々な企業の人事や研修担当者、教育担当者様とお話しをする機会が多いのですが、
配属後1年間は研修期間!と徹底している企業様、
3か月間の研修期間は分単位で研修スケジュールがみっちりつまっている企業様などなど実にさまざま。

入社当初に導入いただく研修プログラムに多いのは
マナー研修やコミュニケーションの他に、
最近はメンタルヘルス系研修のお問い合わせをいただくケースが
とっても多いです。

ストレス社会と言われて久しい日本そして今後もそういった状況が続く時代。
そんな時代だからこそ、自分自身の心と身体を守り、
厳しい時代を生き抜くメンタルを作ってほしいexclamation×2
という人事担当者様の想いでしょうか。

ストレスをコントロールするスキルを身につけることで、
自分自身の心の健康を管理し、メンタル不全を予防
することができますぴかぴか(新しい)
また職場でのコミュニケーション方法も学ぶことで、
不毛なコミュニケーションのストレスに悩まされる機会がぐっと減りますぴかぴか(新しい)

受講者の声をご紹介


かわいい2日間に分けて詳しくやっても良いくらい、とても関心があった。
かわいい講師の方の体験談を聞き、より関心を持った。ストレスとの付き合い方を沢山知れて良かった。何でも話したくなるくらい素敵な講師でした。
かわいいひとつひとつの説明が丁寧でわかり易かったです。
かわいいストレスとモチベーションの関係を知り、人生の目標を達成する意義を学んだ。
かわいい実際に絵を描いたり、コラージュを作ったり、二人一組でワークをしたりと、内容が濃く、楽しみながら自分を知ることができました。

新入社員研修のプログラムの中に、半日でもこういった研修を取り入れる、
いつでも相談できる場所があるということを示してあげることで、
フレッシュマンのストレスが軽減されますねるんるん

実は私も1度ストレスコントロール研修を受けましたexclamation×2
今は公開講座での開催はありませんが、研修の様子はSATTブログにも記載しましたー。
研修の様子→ 『ストレスコントロール講座受けてきました!』
楽しそうでしょぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

SATTの法人向けビジネス研修では
お客様のニーズに合わせた研修をカスタマイズしてご提供しています。
新入社員対象だけではなく、
チームのメンタル不全を予防できるようになるラインケアなど、
様々な研修プランをご用意しています。
SATTの法人向け研修サービスはこちらからご覧ください!


posted by きくちゃん at 10:00
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
2014年03月26日

バーコード読み取り作業で経験したことについて

開発部だより 第232回


OLIONです。
開発事業部の中でも私は運用業務を主に担当していますが、
今回は、ある顧客の会員全員に郵送した往復はがきについて返信はがきが届いたら、そこに印刷されているバーコードの会員番号を読み取って、ACCESSで作ったシステムのテーブルに格納する作業を行った際に経験したことを記述します。

昨年も同じ作業を行なったのですが、そのときは、バーコードの入力エリアを1つ用意して、そこにバーコードで会員番号が読み取られると、システム内で会員番号のチェックを行って返信情報テーブルに登録するようにしました。

登録されたら、画面に表示したと取込件数がすぐにアップされるようしたのですが、バーコード入力から返信情報テーブルへの登録までに時間がかかり、バーコード入力したにも関わらず返信情報テーブルに登録されないケースが出てしまいました。
届いた返信はがきの10%くらいが登録されていない状況でした。がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

そのときは、返信情報を見て未登録の返信はがきを抽出することはしないで、
登録済みのはずのバーコードを再度入力して画面の件数がアップすることで、登録漏れが解消されていくことを確認しました。
今年は、昨年の苦い経験を経て次のような運用に変えました。

1まず、返信はがきを100枚単位で入力するため、100枚数えます。
2それを、取込システムに直接入力するのではなく、EXCELシートを用意してそこに入力するようにします。
3入力し終わったら、100件入力されたかがEXCELシートで確認できます。
 100件より少なかったら、枚数がたりないか入力漏れが原因、
 100件より多かったら、枚数が多いか重複入力が原因です。
 その時点で解決が図れます。
 EXCELシートに入力した返信はがき100枚は表紙をつけ、EXCELシートとの関連付けを行います。
 後々、返信はがきを検索する必要があった際に役立ちます。
4 3を繰り返した後、EXCELシートのデータを取込システムの新たな機能として追加した会員番号一括入力用テーブルに貼り付けます。
5「一括入力」ボタンをクリックして、返信情報テーブルに登録されます。
わずか数秒で取り込まれます。
この方法の利点は、
1.EXCELシートへの入力は、多人数での作業が可能。(実際に他部署の協力をえました。感謝exclamation×2
2.EXCELシートにデータが残るので、返信はがきに戻って調査することがほとんどない。
3.取込システムは、会員情報が閲覧可能なので、CDの作業者を特定することで、リスクを最小限にできる。
今回は、有効な運用改善ができました。
大事なのは、今回の運用についての改善事項を忘れないようにまとめておくことです。
(1年たつと忘れます。あせあせ(飛び散る汗)
それが、来年の運用に生かされることです。

posted by オライオン at 15:42
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2014年03月19日

いまさらだけどOffice2010きほんの『き』!−画像編集も怖くない!編

みなさん、こんにちは
お久しぶりのビジネス系研修担当きくちゃんです。

Microsoft Office2013の発売から1年経ち…え?いまさら2010?なんて言わないで。
ご依頼いただく研修で一番が多いのが「Office2010研修」なんです。
そこで何となく使っているWordやExcel、Power Pointをちょこっと復習できるあれやこれを“いまさら”ですがまとめてみようグッド(上向き矢印)と思いました。(連載できるのか…私あせあせ(飛び散る汗)

今回は2010になって機能が強化されましたよね〜!の画像編集機能から。Photoshopとかボタンが沢山ありすぎてダッシュ(走り出すさま)殆ど使えてない私でも、
それっぽく編集ができちゃう(?)ので大好きです

手順書作成もサクサク!「スクリーンショット」機能(共通機能)


Office2010になって、最初に「これは便利かも〜!!」と思った共通機能が
スクリーンショット機能です。

これまで画面キャプチャしたいときは
かわいいWindowsの「Print Screen」キー
かわいい画面キャプチャができるフリーソフト
などを使ってきた私ですが・・・

Office2010には開いているウィンドウのスクリーンショットを簡単に編集中の文書に貼り付けることができます。もちろん!範囲を指定して好きな部分だけキャプチャできます。
それだけでも業務効率UPグッド(上向き矢印)すると思いませんかexclamation&question

Power PointにHPなどの画像を貼ってみる


●リボンの『挿入』タブ>「スクリーンショット」>開いているウィンドウがでてくるので取り込みたいウィンドウをクリック
スクリーンショット1.jpg

★ウィンドウが取り込まれました!もちろん画像ファイルとして編集もできます。
スクリーンショット2.jpg

●リボンの『挿入』タブ>「スクリーンショット」>「画面の領域」を選択
スクリーンショット3.jpg

画面が半透明になるのでその状態で取り込みたい場所をドラッグ
スクリーンショット.jpg

★ドラッグした場所だけが文書に貼りつきました!
スクリーンショット5.jpg

写真の編集だって!! 簡単「画像編集」機能(共通機能)


文書に貼りつけた画像の「明るさ」「シャープネス」を修整したり、画像そのものの「色」や「トーン」を変更したり、画像にアート効果なんてつけてそれっぽく編集しちゃったりが、『図ツール』からできちゃいます。
嬉しいのは、画面でイメージを確認しながら(←ここも2010になって良くなったところ)
直感的に選ぶことができるので、画像編集に疎い私には優しいです

●シャープネスを変えてみたり(左)、色を変更してみたり(真ん中)、アート効果をつけてみた(右)
画像編集3.jpg画像編集2.jpg画像編集1.jpg








画像の背景の削除だって出来ちゃいます。


こんなことが私にも(⇒MS-Officeさんのおかげです)できるなんて
同じく『図ツール』から画像の背景の削除も簡単に。
背景は自動認識されますが、もちろん手動で背景部分を細かく指定することも可能です。
画像を選択した状態で
●『図ツール』の『書式』タブ>「背景の削除」を選択
背景削除1.jpg

背景部分が紫色で自動認識されるのでOKであれば>「変更を保持」をクリック
「削除する領域としてマーク」をクリック⇒削除する領域を追加できる
「保持する領域としてマーク」をクリック⇒削除したくない領域を追加できる
背景削除2.jpg

★できた
背景削除3.jpg

こんな機能を知ってるだけで、
企画書や手順書を作成したり、プレゼン資料を作るとき、
簡単効率的にワンランクアップの資料が作成できますねっ
でも、面白くなって画像で遊び過ぎないようにしましょう〜。

SATTの法人向けOffice研修では、
お客様のニーズにあわせて研修内容をカスタマイズしています。
SATTの法人向け研修サービスはこちらから
posted by きくちゃん at 11:04
連載:いまさらだけどOffice2010 | コメント(0) | トラックバック(0)
2014年03月17日

システムの動作検証には時間がかかります。

開発部だより 第231回


こんにちは、たっくんです。

今更ですが、システムの動作検証には時間がかかります。

最近は、ブラウザも高速リリースサイクルになるし、タブレット機器等の需要も多くなるので、smart FORCE 動作検証作業が大変です。
カスタマイズに関してもスマートフォン対応モジュールも一緒に行うので、検証に時間がかかります。

PC版では、Windowsでの各種ブラウザ、Mac系でのsafariなど、いろいろなブラウザチェックが必要となります。
最近の悩みは、Windows のIE 11。

このIEのバージョン(11)は、それまでのIEかなり違うし、ユーザーエージェント(ブラウザを判断するキー文字列)も、それまで(IE 10)と全然ちがいますからね。
それに、Adobe Flash Playerもバージョン12に変える必要がありますので、注意です!

windows7 IE 11では、Adobe Flash Player 12で、正式対応

ある時、自分の開発用のPCが急にIEがバージョンアップしていてビックリしました。
IEの自動配布が実施されていたのは知っていたのですが、管理者ツールのインターフェースが大胆に変わっていたので、初めは戸惑いました。
納品間近のプロジェクトがあり、いろいろ動作チェックをしている最中でしたので、デバッグに四苦八苦でした。


モバイル版では、iOS系やAndroid系のスマートフォンやタブレットで、動作確認を行うのですが、それぞれの端末毎に、操作方法が微妙に違うし、キャッシュの設定やCookieの設定方法が違うので、その都度、検査に時間がかかるんですよね(苦笑)
特に、SSL(HTTPS)環境などの場合は、iPadなどのiOSがセキュリティーで引っかかる為、動作確認のためにはちょっと特殊な環境を構築しなければならなかったりするので、検証環境を作成するのも一苦労です(笑)

PCもモバイルも日々進化しているので、smart FORCE もそれに従い、どんどん進化しています。



あと、余談ですが、最近のIEをご使用中の皆様、smart FORCE がなんか動作が不安定だと思ったら、ブラウザキャッシュをクリアしてください。
IEの[ツール]メニューの[閲覧履歴の削除]から、キャッシュを削除できますが、一番上の「お気に入りWebサイトデータを保存する」項目にデフォルトでは、チェックがついていて、キャッシュが削除できていない場合がありますので、要注意ですよ。


ではでは
posted by たっくん at 11:41
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)