『教育とITで企業の経営を革新』
駿台グループのITラーニング専門企業 SATT (エスエイティーティー) が明日をサポートします。

2014年11月26日

研修の効果を実感しています!


開発部だより 第259回


山に雪が積もる季節、スキー場オープン情報が、ちらほら入ってきてちょっとウキウキぴかぴか(新しい)な開発部のたっくんです。

今回は、今さらながら、セミナー受講で自分の仕事を見直し、感じた事を!!
弊社では、全社員を対象に、個人スキルの向上を目的に、セミナーや研修の受講を奨励しています!

そこで仕事効率を上げる為のヒントを探す為、「段取力の向上」のセミナーを受けてきました。

もちろん、自己啓発の観点から、Webサイトで勉強する事もありますが、どうしても目の前にある仕事に追われ勉強する時間が作りづらかったので、開催日時が決まっているセミナーを受けてみたんです。
申し込んでしまえば、その日時は、ほぼ確実にスケジュールを取れる為(笑)

何か、セミナーの売り込みの宣伝文句みたいたらーっ(汗)なんですが違うんです!本当に実感なんです・・・って言うか、自分が段取り悪かったんだなって率直に思ったので懺悔あせあせ(飛び散る汗)

例えば、新規プロジェクトを始める場合、今までは、打ち合わせ前に大まかなスケジュールをたてて、打ち合わせ中に確定していくパターンだったのです。
それを、打ち合わせ前に、作業項目のスケジュールだけでなく、その作業を行うに為に必要な事務処理(プロジェクト管理記録や稟議書)を何時までに行うのか書き出すように改善しました。
また、各作業を何時までに、誰にお願するのかを事前に決めておくことにより、作業のリスト化と見える化のおかげで、気付かなかった副作業(実業務を行う前の準備)抜けが減り、結果として、プロジェクトを進めやすく、効率が上がったように思えます。

ごく当たり前の事なのですが、セミナーに参加し、改めて、自分の仕事の仕方を見つめなおす時間がとれた事により、分かっていたつもりの事が出来ていなかった事に気づきました。
そして、他の人のやり方や考え方を聞き、仕事の仕方を改善・実践した事で、その効果を感じる事ができました。
(初めは、そのセミナー時の資料を基に、新規プロジェクトのスケジュールを組んで、取りあえず実践してみました。
 まず、やってみる。その後改善すべき点があれば、改善していく。)

自分のやっているつもりは、別の視点から見つめなおすと、穴だらけって事もあります。

忙しさを言い訳にせず、たまには、自分流の仕事の仕方を見直してみるのは、大切だと思います!

仕事の段取りをしっかりつけておくと、何時までにどの作業を行えばいいか正確に把握でき、期日まで余裕があれば、その時間を勉強や別の作業にあてられるので時間が作れるようになって来た!?
posted by たっくん at 11:49
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2014年11月25日

e-Learning Awards 2014フォーラム(秋)に行ってきました。

初めまして、(永遠の青二才こと)アムロと申します。当ブログの初陣ですが、【eラーニングアワード2014フォーラム】に行きま(〜す)したのでレポートします。

弊社グループは、教育ビジネス分野が大きな柱ということもありまして、「EdTech」というキーワードのカンファレンスを取り上げてみました。

EdTech(エドテック)とは、Education×Technology(教育×テクノロジー)の造語。 教育とテクノロジーを融合させ新しいイノベーションを起こすビジネス領域を指します。 具体的にはブラウザ上で完結してインタラクティブにプログラミングの勉強ができたり、オンライン動画を見て勉強するコンテンツなどがあります。


日 時 : 11月12日 (水) 14:00〜18:00
会 場 : ソラシティ ルームC
内 容 : 「EdTech」研究の第一人者、デジタルハリウッド大学大学院 佐藤昌宏 教授を
    プレゼンターに迎えて、eラーニングアワード2014で受賞されたコンテンツの
    代表の方々とのパネルディスカッションでした。

以下、出演された方々についてダイジェスト解説します。(ベンチャー投資系の方は、割愛します。)


株式会社ディー・エヌ・エー エンターティンメント事業本部
 アプリゼミ総合プロデューサー 床鍋佳枝氏
※2013年12月に教育業界にアプリゼミで参入。4月から小学1年生への通信教育アプリ「小学1年生講座」の配信を開始し、算数、国語、小学校低学年向けの英語の3教科をゲーム仕立てで入りやすく、継続性の向上を特徴にしています。ちなみに、後述の「多摩市立愛和小学校」ともタイアップ開発しているそうです。

株式会社ビズリーチ 社長室 EdTech事業 ディレクター 丹野瑞紀氏
※友だちと競える暗記帳アプリ「zuknow (ズノウ)」でEdTech分野に参入。リリース当初は、単語帳機能だけでダウンロード数が伸び悩みましたが、「ユーザー間で競い合う機能」を追加後、アクティブユーザーが4倍に増加しました。

株式会社マイデスク 代表取締役 松野広志氏 
※無料で使えるクラウド型の学習システム「edulio(エデュリオ)」を提供。eラーニングのプラットフォームも無料化の波が・・・ランバラルいや、ライバル!?。

株式会社LITALICO 代表取締役社長 長谷川敦弥氏
※ハンディキャップのある子供たちへの教育サービス「Leaf」で実績を作り、EdTech事業としてIT×ものづくり教室「Qremo(クレモ)」を創設しました。

株式会社mikan 代表取締役兼CEO 宇佐美峻氏
※2日で約3000語を暗記できるスマフォ世代の英単語学習アプリ「mikan」を展開するベンチャー。社長は、東大現役生で、ベネッセのベンチャー支援事業のEdTechラボβ(渋谷)からサービス&会社を立ち上げました。

特定非営利活動法人SPANISIMO JAPAN 代表理事 有村拓朗氏
レアジョブ(オンライン英会話学習)のスペイン語版「SPANISIMO」を創設。代表は、リクルート出身で中米〜南米を巡る旅の途中、スペイン語が母国語のグアテマラの人たちとの出会いで、このサービスを思いついたそうです。

多摩市立愛和小学校 校長 松田孝氏
※公立小学校にipad40台の導入を実現したEdTech実践系教育者。EdTechの有効性の話がてんこ盛りでした。校長の志に興味のある方は、ネット検索の記事などで詳細をぜひ!

明蓬館高等学校 校長 日野公三氏
インターネット学校(卒業証書も取得できる)の成功例。集合教育が苦手な自閉症の生徒も多く、この教育システムで自立して作家になった東田直樹さんが有名です。

NPO法人eboard 代表理事 中村孝一氏
※日本のカーン・アカデミー的な教育サービス「eboard」を創設。文科省大臣賞を受賞。教育業界への一家言は、エキサイティングでした。

探究学舎 塾長 宝槻泰伸氏
※高校も塾も行かずに京大合格した3兄弟で有名な代表が、受験と無縁なカリキュラムで「探究心」と「自発性」を育てるニッチな教育手法「探究学習」を主宰。デザイナーや音楽家などクリエイティブ職志向の親子の利用が多いそうです。『強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話』という出版本が話題になりました。


カンファレンスは、EdTech業界にて話題性や実績で先端を走るプレーヤー達の本音トークが連発、教育分野のイノベーションについて信念とも言える熱いディスカッションで終了時間をオーバーするくらい面白いお話でした。教育分野でITを利用した新サービスの可能性は、まだまだ一杯あることも感じさせられました。
小話としては、アメリカのEdTech分野で「e-Learning 」というキーワードがほとんど使われていないという話は、意外でした。
(by あむろ)
posted by アムロ at 11:22
EdTech | コメント(0) | トラックバック(0)
2014年11月20日

タイムラプス動画を撮ってみた。

砂糖・ミルク多めのカフェラテが好きな魔女ッ娘です黒ハート
あとは冬と言えばココアですかね。
会社近くの豆香房ココアに生クリームトッピングは冬の定番ですぴかぴか(新しい)

iOSが8になり、色々と機能が追加されたりなんだりラジバンダリ。
その中で気になったのがカメラに追加されたタイムラプス機能exclamation×2
そう言えば少し前の記事で、たっくんがアプリの話をしていたなぁ…
ということで、タイムラプス動画を撮ってみましたexclamation

今回は、弊社のご紹介も兼ねて、水道橋駅からの道順を。

【都営地下鉄 三田線 水道橋駅〜SATTまで歩いてみた】
使用機材:iPad mini Retinaディスプレイモデル(iOS8.1)
使用機能:iPad mini 標準カメラ+標準カメラ機能



は、早い…あせあせ(飛び散る汗)
実際は約8分?なのですが、出来上がった動画は30秒…
えっと…約16倍速exclamation&question
・・・・・・・もしかしてiOSの機能だと設定できない?

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:第60回 iOS 8の新機能、「タイムラプス」を撮ってみよう
ITmedia Mobileから

やっぱりーーーーどんっ(衝撃)
せっかく分かりやすさも兼ねて通りかかるお店も撮影したのに
動画UPしてもらう時はモザイク処理してもらわなきゃとか考えていたのに
ひどいっダッシュ(走り出すさま)


と、のた打ち回った?ところでたっくんが紹介していたアプリの存在を思い出しました。
早速アプリをDLして、撮影映画
同じような動画でも良かったのですが、せっかくなので今度はJR水道橋駅からの道順を。

【JR 水道橋駅東口〜SATTまで歩いてみた】
使用機材:iPad mini Retinaディスプレイモデル(iOS8.1)
使用機能:iPad mini 標準カメラ+Hyperlapse from Instagram(アプリ)
設定:6倍速



おおexclamationこれならいけるexclamation×2(ちょっとスタートのタメが足りなかったけど)
実際は4分程度のものが40秒程度に。
ちなみに倍速の設定は撮影後に2〜12倍で選択できました。

ただし、一つ難点?コツ?が。
少し暗めのところで撮影を開始しようとすると「明るさが足りないよ」とアラートが時計
これを無視して撮影開始すると、開始時の暗さに合わせて自動調整してくれます。
が、そのまま明るいところにいくと映像が白飛び…晴れ
な、なぜだ…と思い、ふと信号待ちしている時に画面をタッチしてみると、ピントを合わせる要領で明るさが調整されましたひらめき
もう、最初から言ってよ!と思いつつ、再度撮影したのがUPしたものです。

なんだかんだで、動画撮影は一筋縄ではいかないなぁ…
と思った11月の昼下がりでした。

弊社へご来訪の際は、この動画を参考にお越しくださいるんるん


SATTでは簡易撮影ルームでの撮影も行っていますので、
こんな動画を撮りたい!というご要望があればお問い合わせください。
posted by 魔女ッ娘 at 13:39
やってみた。 | コメント(0) | トラックバック(0)

HTTPSの導入が楽になる!?EFFが証明書を無料発行するサービス「Let’s Encrypt」を発表 - 2015年夏開始予定

HTTPS(SSL/TLSによるHTTPの暗号化)の証明書を無料で発行する取り組み「Let's Encrypt」を米Electronic Frontier Foundation(EFF)が2015年夏から運用開始する予定と発表あった!

ぴかぴか(新しい)HTTPSの取得が無料になり、更新作業も簡単になりそう!

SSL/TLSを無料・簡単に、Web全体の暗号化を目指す「Let's Encrypt」発表 - マイナビニュースより
posted by たっくん at 11:21
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
2014年11月14日

このカメラ欲しい!何かの学習に使えそう!!

全天球カメラ!!
一度のシャッターボタンを押すだけで、360を見渡せる写真(Googleマップのストリートビューのような)が撮れる!
実はそれだけでなく、RICOH THETA m15は、動画まで撮れる!!

超〜欲しい!!!

とうとう個人でも、こんな動画が撮れる時代!

残念ながら、画像が無いので、このサイトのレビューを見てね!
「RICOH THETA m15 ついに動画記録に対応 あの全天球カメラが新たなステージへ 」 - デジカメWatchより


製品情報
RICOH THETA m15
posted by たっくん at 15:51
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
2014年11月11日

拘ること・・・それだけでもうlearning=”学習”である

こんにちは ミッシェルです。

さて、気になったものは徹底的に拘る!が信条の私ですが、最近特に拘ったことをご報告いたします。
それは何かというとイヤホンなのです。


●何故イヤホンに?

事の経緯はこんな感じ。
以前のこのブログでスマホデビューしたことを明かした私ですが
(きっと誰も覚えちゃいないし、ぜんぜん興味もないと思いますが・・・)

このスマホのお蔭で1つ生活が大きく変わりました。
それは移動中に音楽を聴いてみようと思い始めたことです。

で、そのために必要なものはイヤホンです。
イヤホンなんて 片耳のあの ちょろちょろしたものしか持っていませんでした。
あれで音楽を聴いてもちっとも楽しくないですね、きっと。
では、ミュージックライフを満喫するにはどんなイヤホンを買えばいいのかしらん?


●今どきのイヤホン事情を調べる

ということでまずはネットで調べてみました。

・へえ〜今は、カナル型とかいう 耳の中に入れ込む形式が流行っているんだあ。

・ふむふむ、昨今ドンシャリ系?って言われる高音と低音に重きを置いたものが人気なのね。

・ほお〜BA型とダイナミック型の2タイプがあるのね。

・ひょえー10万円もするイヤホンもあるんだ〜。

・ふうん、shureっていうメーカーは独特の形状。芸能人のイヤモニみたいに耳に入れ込む形式は”shure掛け”なんて呼ばれているくらいなのね。なんかプロっぽい。

・audio-technica という日本のメーカーは特に低音好きには好まれているのね。


●視聴する

基本的知識を得たら、視聴してみよう!
と近所のヨドバシさんに行ってみたのであります。

いくつか視聴して思ったのは、私は高音がシャリシャリいうのはあまり好きじゃない。耳の中が痒くなる。
低音がどっしり響くのがいいな。

で、わりと迷わずに即決。audio-technicaのCKS55Xis。定価5400円なり。
評判通り低音の響き、音の重みが他社のものと全然違う!
よし、これくらいの値段なら衝動買いもいいだろう。大人買い。大満足でした。


●拘りは続く

さて、購入後しばらく気に入って愛用してはいたのですが、私の拘りはここでは終わりません。

ラッシュの電車の中で聞くとボリュームを控えめにするわけで、するとなんだかな、
ボーカルがあんまり聞こえてこないんですよね。低音はいいんだけどね。
あとね、超高音や低音の音が割れる。

これに気づくと気になって仕方ない。
では、ボリューム控えめでもボーカルがちゃんと聞こえる、高音が割れないイヤホンってあるのかな?
ということで再びイヤホン探しの旅が始まりました。

●再度視聴する

再び訪れたヨドバシ、秋葉原店。

今度はスマホコーナーじゃなくて オーディオコーナーに行ってみよう。

うわっあるわあるわ、安いものから高級品まで、輸入品も沢山!!

どうしようかな、せっかくまた買うなら今のものよりもいいものを狙おう。

でもな〜予算決めないと大変だ。うん、上限2万円にしよう。
3万円出せばよいものは沢山ありそだけど、
ありすぎてわけわかんなくて選べないし、高額すぎて有難味ありがた味もないし。

そこで試しに試した 2万円以下、30種類くらい??
sony、 フィリップス、ケンウッド、 ULTIMATE EARS、shure、ボーズ・・・・

選定基準は、女性の高音も男性の中音もボーカルがよく聞こえること!音が割れないこと!!

折角いろいろ試したので、ものすごい素人目ですが、よかったものだけ挙げてみますね。

◆ゼンハイザー CX400:ゼンハイザーは、ドイツの音響機器メーカー。
豆みたいな小ぶりで形状もかわいい。
音質が華やかで好み。値段も手ごろで本当はこれを買おうかと思っていました。
1つだけ惜しいのは、私が拘っていた女性ボーカルの超高音が割れてしまったこと。

◆YAMAHA EPH-M100 :期待せず、ちょっと試してみたら、意外とよかったです!
高音も低音もバランスが取れている。最後はCKR9とどっちにしようか迷ったのはコレでした。

◆オルトフォン e-Q5:オルトフォンとは、デンマークのレコード針で有名な会社。店員さんのおすすめ。
とてもクリアな音でボーカルが綺麗に聞こえる。
ただし、低音はちょっと弱いかな。これ、BA型なのですが、私はダイナミック型の音の方が好みかも。

◆Final audio design heaven IV :とてもクリアな音。これもBA型。デザインがお洒落で最近人気らしいです。
これにも心がちょっと揺れたんだけど、繊細な高音や低音が出ていない感じ、狭い感じがしました。
BA型は総じて音がクリアなんだけど、迫力や奥深さってのがダイナミック型の方が勝っているような気がするんですよね〜。

◆audio-technica CKR9:やっぱりaudio-technicaの音は私は好きだわ。
このCKR9を試した瞬間、ときめいた◇◇。
オーテクらしさの低音がしっかりしてる中に、とても上品で爽やかな音。そして音の広がりがある。
これだ。やっぱこれだ。音も割れない。
上位のCKR10の方が人気があるみたいだけど、私は音も値段もこちらが好き。決まった。


●結局 audio-technicaに!
 
ということで結局今回もまたaudio-technicaになってしまいました。
今回は17000円なり!仕方ない。来月のお昼代は毎日300円にしよう!
やや高額な出費にはなりましたが、お蔭様でスマホの最低音量で聞いているのに不思議なことに「音が小さいな」と感じないのです。
なんていうか、脳の中に音が広がってくる感じで、耳で聞いているんじゃあなくて、脳で聞いている、脳に直接音を注入されている感じがするんですよ。
ああ、毎日癒されるう〜

いかがでしたか?
たかがイヤホンだけど、拘ってみると とても沢山のことが学習できることが伝わりましたか?
そしてそれは、快適な毎日に導いてくれます。

拘るって、学習するってなんて楽しい♪
次のこだわりは何にしようかな〜!!

to be continued
posted by michel at 17:39
エンターテインメント | コメント(0) | トラックバック(0)
2014年11月10日

「一物百価」

開発部だより 第258回


安倍さん、消費税どうするんでしょうかね。

水道橋SATTのスクール側の自販機、値段が上がっていませんね。

中身を入れ替えている時、値段上がるんですか?と聞いたら、上がりますよって仰っていたんですがね。

確かに、街中だと消費税がそのまま反映されている130円の自販機がメインなんですが、スーパーであるとか、コンビニであるとか、値段は微妙に異なっています。

誰が値段を決めているんですかね。少し、調べてみました。

飲料の主たる流通経路は、飲料大手→自販機のオペレーター→ロケーションオーナー(設置主)となっており、この設置主が最終的に値段を決めているという事です。

SATTの自販機に当て嵌めると、このビルのオーナーが値段を決めているという事ですね。

出荷価格は引き上げられているので、利幅は設置主の考え型次第という事です。自販機の激戦区という場所もあり、80円てのも有るという事です。

先程のコンビニですが、独自ブランド品となると、税込みで100円のものもあるそうです。

で、現状ですが、前年度比10%弱位マイナスで、コンビニは検討しているらしいので、自販機の落ち込みはかなり大きいということです。

日本の財政も危ういという事で、安倍さん、消費税どうするんでしょうかね。悩みどころですね。

SATTにおきましては、eラーニングに関わります、各種のスキル向上の為、無料セミナーをご用意しております。

是非、奮ってご参加の程を。


posted by ハイタカ at 17:48
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2014年10月30日

モバイル対応で時間を有効活用

開発部だより 第257回



こんにちは。コタツをもう早くも出してミカンも用意した
葉っぱのぽおるです。

さて、私が現在、携わっている業務についてお話ししたいと思います。
ざっくり言ってしまうと、パソコンで行う自己学習をスマートフォンでも行えるようにする
業務に携わっております。
これで通勤通学などのすきま時間を有効的に自己学習にあてることができるというわけです。
通勤時間が長い私にとってはうれしい話ですね。

そのなかのテスト作業時にchromeのデベロッパーツールというものを使用して作業を行っているのですが
何かと申しますと、スマーフォンの表示サイズに合わせて表示してくれるというもです。
(もちろん実機でもテスト作業します)
その中に最近発売された、iPhone6が早くも対応しており、なんと便利なツールなんでしょうと関心いたしました。
入社してまだ半年ですので、様々なものが新鮮に映ります。
これから先、どんどんモバイル対応が進んでいくはずですので、またこのデベロッパーツールにお世話になりそうです。

とモバイル対応についてお話しさせて頂きましたが
SATTでもモバイル対応の相談が増えております。
お気軽にご相談ください。
posted by 葉っぱのぽおる at 09:11
開発部だより | コメント(0) | トラックバック(0)
2014年10月29日

「HTML5」がW3C勧告に!! 正式にWeb標準になった!!

2014年10月28日(アメリカ)で、HTML5がW3Cの勧告として公開されました。

規格を振り返ると、途中「XHTML」などの規格もありましたが、HTML4.01から約15年ぶりの規格更新になりますね。
1997年「HTML 4.0」
1999年「HTML 4.01」
2000年「XHTML 1.0」
2001年「XHTML 1.1」
2014年「HTML5」

時代とともに、規格も移り変わって行きますので、その都度、Webコンテンツを最適化して提供していくのが、我々Web開発に携わる者の役割です(笑)

テーブルタグでガチガチにレイアウトしていた昔が懐かしいです(笑)
posted by たっくん at 18:48
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)

Adobe Captivate 8 マルチデバイス環境対応eラーニングの実現

最近のeラーニングはスマホ・タブレットデバイスによる学習も一般的になってきました。
Adobe Captivateもバージョン6以降、HTML5形式のコンテンツ出力に対応するなど既存のPC+FlashPlayerの枠を取り払いマルチデバイス環境に適用してきました。

特に最新バージョンの「8」では、製作者のPC環境から様々なデバイス上でどのようにコンテンツが表示されるかをプレビューできる(マルチデバイスプレビュー)ので、より効率的に教材制作に取り掛かれます。

デバイスの画面サイズの違いに適応し、最適なレイアウトを提供できる「レスポンシブプロジェクト」という機能が搭載されており、
既存の「デモンストレーションプロジェクト」「シミュレーションプロジェクト」「クイズプロジェクト」のようなコンテンツ形式を分類するのではなく、出力形式をHTML5形式のスマホ・タブレットの特徴を意識した教材をはじめから簡単に作る事ができます。

画面は「レスポンシブプロジェクト」でPC版、タブレット版とスマホ版をそれぞれレイアウトを切り替えて作成する様子です。

Cap8 画面1PC.jpg
PC版

Cap8 画面2タブレット.jpg
タブレット版

Cap8 画面3スマホ.jpg
スマホ版


Adobe Edge Inspectを利用すると、Web上にアップしなくても、制作環境上で簡単に確認する事ができます。
Cap8 画面4プレビュー.jpg
新しくなったCaptivate 8を用いてマルチデバイス教材を簡単に用意できる事は、eラーニングの内製化が進む中企業の教材作成担当者にとって強力なツールになると確信しています。

現在、m-SchoolではCaptivateの法人研修も手掛けていますので、この機会にぜひご検討ください。
お問合せはこちらまで
posted by Dario at 10:54
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)